英国王室ファン「国王の新警備員は『ダミーの腕』を持っている」!?

日本にも皇室ファンがいるように、海外でもそれぞれの国の王家のファンは存在する。特にイギリスの王室には良くも悪くも熱心なファンがついているようだ。

先日、とある英国王室ファンがTikTokにて興味深い主張を行って注目を集めた。崩御したエリザベス女王に代わって即位チャールズ国王のすぐ側に控える警備員はなんと「ダミーの手」を表に出しているというのだ。

@jase_the_ace_ King Charles security #kingcharles #buckinghampalace #security #kingcharlesiii #bodygaurd #fakearm ♬ original sound – Jason

問題の主張を行ったのは@jase_the_ace_というユーザーインターフェイス名の人物。彼はチャールズ皇太子がエリザベス女王2世に敬意を表するためにバッキンガム宮殿に並んだ一般市民と握手する際、警備員に囲まれているところを捕えた報道を踏まえて次のように語っている。

「チャールズ国王の左側に立つ男性の手が怪しく見える。まるで生気がなく、いつどの角度でも手の握り方が変わらないので無生物のようだ。一方でジャケットにも不自然な膨らみが見えるので、おそらくこの男性は常にジャケットの中で銃を握っており、緊急時に即座に対応できるようにしているのでしょう。それを悟られないようにダミーの腕を袖に通して外に見せているのです」




この動画は586,000以上の「いいね!」を獲得し、賛否両論を巻き起こしている。「彼らは明らかに重武装している」と賛同するコメントもあれば、論理が飛躍しすぎているという主張もあり、中には「もし偽物だとして、仕事の途中で腕が落ちたらどうするんだろう?」と素朴な疑問を口にする人もいた。

果たしてこの疑惑は真実なのか。イギリス防衛省と警視庁はDaily Star紙に対し、この説についてコメントできないと回答している。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Jason (@jase_the_ace_) TikTok

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る