“ドリフト大好き”の永野芽郁&母が作る”がめ煮”愛の奈緒、私生活激白!!

9月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ水曜23:00)では、「永野芽郁(22歳)&奈緒(27歳)に友達って事で聞いていいですか?」と題し、禁断私生活徹底解明!プライベート大公開、告白。そして今回のエンジェルちゃんは、阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子がお助けゲストだった。

「半分、青い。」のNHK朝ドラがキッカケの永野と奈緒、この共演以降二人の仲はとても良いそうだ。月1で会ったり、互いの家に遊びに行き来する仲だと言う。

番組は過去の出演VTRを振り返った。永野の初登場は(2019年の3月放送)当時19歳、3年前に出演。ギリギリまで喋ってても急に寝られるという特技があると告白。2回目出演は(2020年3月放送)当時20歳で車の“ドリフト“を企画でしたそうで興奮し、ドリフトしたい欲求がとまらない事を激白。

一方、15歳でスカウトされ福岡で芸能活動をスタートした奈緒は、ローカル番組出演後上京、今回が番組初登場。




番組恒例、国分太一からの「1日のルーティンを教えて」の質問に、普段プライベートが見えない、永野芽郁&奈緒のある日の“休日ルーティーン”を24時間の円グラフで紹介した。

(円グラフの内訳)

【永野芽郁】
0時半〜11時 睡眠、11時〜12時 洗濯、12時〜12時半 朝昼兼用ご飯、12時半〜14時 ソファに座ってNetflix、14時〜15時 準備、15時〜16時半 ジム、16時半〜19時 整体、19時〜22時 友人と夕食、22時〜23時 帰宅お風呂、23時〜0時半 仕事の準備・友達と連絡・SNSチェック

永野は寝る場所をオフと切り替えたくてTV等も置いておらず、プライバシーの環境を整えているそうだ。夜は疲れて洗濯が出来ないので、起きる時間にタイマーセットし乾燥機で乾かして、その後おしゃれ着を洗って干してから活動開始すると言う。

朝ご飯はデリバリーする事が多く、時折納豆とか冷蔵庫に入っていると準備するそうだ。続けて、ジムは18歳から5年ほど通っており、その後整体に行くと言う。夜ご飯は小学生時代からの友人と会うことが多いそうで、地元の友達との仲の良さを伺わせた。

【奈緒】
23時〜7時 睡眠、7時〜9時 朝ご飯、9時〜12時 サウナ、12時〜13時 母と昼食、13時〜14時 昼寝、14時〜15時 ゲーム、15時〜18時 台本読んだり、18時〜19時 母と夕食、19時〜20時 お風呂、20時〜23時 母とホラーかサメ映画

菜緒は、外に出る予定を朝作って早起きし、24時間やっている中華料理屋で「中華粥」を食べるそうだ。サウナはハマって良く行くと言う。そして、母親と同居している為、母の作る料理で好きな食べ物は「筑前煮(がめ煮)」で、大量に食べて太ってしまう為にお正月に作ってもらうようにしていると告白。

お酒も好きで、発泡酒かハイボールを基本飲んでいるが本当は日本酒が好きで母の“STOP“がかかる位まで飲んでしまうと言う。日本酒は飲みすぎると体に影響が出るので、お祝いの時か頑張った時に飲んでいるそうだ。そして、夜は母が好きだというホラー映画で体を敢えて強ばらせて、疲れさせて寝るという、母娘の仲の良さを伺わせる話を告白した。無論、松岡からは「彼氏と見りゃいいじゃん!」と突っ込みを入れられていた。




「初めての給料何に使った?」のお題には、永野は小学3年生で事務所入り、モデルで私服企画があり、初給料はそこに使っていたと告白。初めて給料明細を見て、母にご褒美で買いたいと言って買って貰ったのは「18歳の朝ドラが終わった後で買った物はハイブランドのバッグ」だったと嬉しそうに告白。一方、奈緒は「封筒に入れて母に渡した」と母親が芸能界の仕事を反対していた為、きちんと渡したと告白。

そして、渡辺から「どんなおばさんになりたい?」「どういう未来の女性像を描く?」のお題には、永野は「母がアクティブなのでアクティブなおばさんになりたい」と回答。「今日も京都・大阪行って日帰りで飛んでいる(母一人)。夏は一緒にサーフィン行ってくれたり」と告白。奈緒は「自分の時間にゆとりが出来るのが自分がおばさんになっていけると思うので野菜を育てたり、梅干しをつけたりしたい」と回答。「土が好きで陶芸が好き、器や窯元を巡ったりしたい」と語った。

そんな仲の良い2人が出演する、『マイ・ブロークン・マリコ(突然この世を去った親友の遺骨と共に旅に出る友情を超えた魂の結び付きを描いた)』は9月30日(金)からTOHOシネマズで全国公開予定である。

(田岡令梛 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 ゆめいろにじいろ / photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る