海底に謎の青いスライム状生物が生息している!?科学者が悩む謎の塊

地球の7割を占める海は、まだ我々人類の知らない場所や生物が満ちている場所だ。

現在米国海洋大気庁(NOAA)の船「オケアノス・エクスプローラー号(Okeanos Explorer)」が「リッジ2022への航海 (Voyage to the Ridge) 」と銘打ち大規模な調査航海を行っている。

そして、この度今まで見たこともない奇妙な生物?が発見されたという。それがこちらである。動画には海底の岩にへばりつく青いスライムのような塊が存在している。表面には白い斑点が多数ついており、まるで水玉柄のスライムのようだ。

Blue Goo

この生物?は米領バージン諸島のセントクロワ周辺海域で発見されたものだ。オケアノス・エクスプローラー号の無人探査機 (ROV) を使って、海底調査の模様をライブ配信していた時のことだった。何らかの生物かと思った乗組員たちが、急いでROVを寄せ、カメラをズームして詳しく調べようとしたところ、この青い物体が専門家でもこれまでに見たことのないものだということが明らかになった。

一部の科学者はこの青い物体が柔らかいサンゴか海綿のようなものである可能性について示唆しているが、調査チームはまだ現時点では正体を確定はできないとして結論を出すことを保留している。




「私たちはまだ確信を持っていません。私たちは皆、良質な謎が好きなのです」 とチームメンバーの一人が言っている様子が動画にも記録されていた。

果たして、海底で発見された謎のスライム風生物の正体は何なのか。

ここ数年、深海の奇妙で素晴らしい生物の撮影や写真を撮り続けてきましたオケアノス・エクスプローラー号だが、今回の発見はこれまでに発見した中でも最も奇妙なもののひとつに数えられることになるのかもしれない。

画像&動画 TechEBlog / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る