古代エジプトの謎多き美女ネフェルティティ王妃の墓ついに発見か?

クレオパトラ女王を筆頭に、古代エジプトの女王や王妃の中でも有名な人物は多々いる。中でも精巧な胸像が現存しており、その美貌が現代にも伝わっている人物がネフェルティティ女王だ。

ネフェルティティは古代エジプトの第18王朝時代、長年にわたり夫のファラオであるアクエンアテンとともに古代エジプトを統治していた。アクエンアテンの死後はツタンカーメン王が跡を継いだのだが、アクエンアテンが行った宗教的改革により死後は国内が混乱したため、ネフェルネフェウルアテンという名前のファラオが短い間統治したとも言われている。

このネフェルネフェウルアテンは経歴がほぼ謎のため、実はネフェルティティが名前を変えて代理統治していたのではないかという説を唱える専門家もいるほどだ。

ネフェルティティを謎めいた存在にしているのは、彼女の墓が発見されていない事にも由来している。ツタンカーメンが好例だが、記述が少なくても墓か見つかればその副葬品や墓に記された内容で生前の事をある程度把握することが可能となるからだ。




長年にわたりネフェルティティの墓を見つけるため多くの考古学者たちが調査・研究を行ってきたが、未だに彼女の墓やミイラの所在は判明していない。2015年にはニコラス・リーブス氏が「ツタンカーメンの墓の壁の後ろに隠し部屋があり、ネフェルティティのミイラがそこで発見されるのではないか」と指摘して注目を集めたが、ツタンカーメンの墓でスキャンを行ったものの隠された部屋の存在は確認できなかった。

ところが先日、考古学者のザヒ・ハワス博士が、ネフェルティティ女王の居所を実際に発見し、今年の秋には自分が知っていることをすべて明らかにするつもりだと発表したのである。

彼の主張は王家の谷にあるKV 21墓から発見された2つの無名のミイラを中心にしていると考えられている。どちらも母親と娘の可能性もある女性の遺骨で、今のところ決定的な身元特定ができていない。しかしザヒ・ハワス博士はこのミイラの1つは間違いなくネフェルティティだと信じているようだ。

「10月には、ツタンカーメンの妻アンケセナーメンとその母親ネフェルティティのミイラの発見を発表することができるでしょう」 と、彼はインディペンデント紙に語っている。

Zahi Hawass Set to Announce Queen Nefertiti Mummy Discovery: What Do We Know? | Ancient Architects

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Didier / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る