「今後25年でエイリアンが発見される」宇宙開発の第一人者が語る

広い宇宙のどこかに人類以外にも知的生命体はいるという可能性を否定する科学者はあまりいない。宇宙に存在する無数の星々の中には、我々の地球に似たような環境を有する惑星もあり、そこに生物や知的生命体が存在する可能性も考えられるからだ。そして先日、宇宙研究の第一人者が「今後25年以内に宇宙人が発見されるだろう」という趣旨の発言を行って話題になっている。

この驚くべき発言を行ったのはスイスのチューリッヒ工科大学の宇宙物理学者、サッシャ・クアンツ博士だ。彼は先日稼働を開始したジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡を引き合いに出し、技術の進歩が太陽系外の生命を発見するために設定された「25年」という時間制限すら非現実的ではない目標にする、と語った。「本当に発見できるのか、成功の保証はありません。しかし我々はその過程で様々なことを学ぶことになるでしょう」と述べる。

ちなみにクアンツ博士のチームは、ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡を更に進歩させた、地球型惑星に焦点を当てることができる新しい望遠鏡のための装置を研究している。この装置の第一の目標は、最も近い星に存在する地球型惑星の姿を初めて撮影することだ。しかし長期的な目標として、数十の星と地球型太陽系外惑星の大気を調査することも上げられている。

クアンツ博士は2週間前に公開されたウェッブ望遠鏡による太陽系外惑星の最初の直接撮影画像について歓迎している。ガス惑星である HIP 65426 は「非常に特殊な系」であるとし、しかし「ウェッブ望遠鏡が惑星の写真を撮る事はできても、小さな惑星までは撮れない事を示すもの」だとん述べている。

前述した「25年程度で地球外の生命体を発見できる」というクアンツ博士の主張は、元NASAのチーフサイエンティストであるジム・グリーン氏の「今後数年のうちに(※地球外生命体との)接近遭遇がある」という予測に続くものだ。果たして、近い将来に地球外生命体の棲息する星を我々が目にする事は出来るのだろうか。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 ImaArtist / PIXABAY

TOCANA関連記事
「25年以内に宇宙人が発見される」宇宙研究の第一人者が断言! カギは次世代宇宙望遠鏡か!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る