ビーチで男の子に会釈した!?砂浜から顔を出した奇妙な生物

カメラの方に向けて駆け寄ってくる微笑ましい光景が収められている・・・少年は最後に浜辺の水たまりに入って足下を見下ろすのだが、それとタイミングを同じくして奇妙な生物が砂の中から飛び出し、挨拶をするかのように頭を振っている様子も捉えられている。

この動画は8月26日にイギリスのウェールズ北西部にあるグウィネズのヘイヴン・グリーンアクレス・ホリデイパークにて撮影されたものである。1週間の休暇を家族で過ごしていたクリントワース一家が記録したもので、息子が浜辺で遊んでいる様子を何気なく撮影した後、母親が自身のInstagramアカウントに投稿してから奇妙な生物が写っていたことに気がついたのだという。

‘Freaked out’ mum watches as beach ‘monster’ waves at her son

動画を投稿した母親は次のように語っている。

「本当に困惑しました。砂の中にはよくゴカイの開けた穴がありますが、そんなものではありませんでした。この日はそれほど暖かくなかったのでビーチにはあまり人がおらず、海辺を歩いている人もほんの数人でした。風に吹かれてゴミが落ちていたのではないかと言う人もいますが、天気は穏やかで風もほとんどありませんでした。私はこの物体が何かを知りたかったので、魚介類に詳しいであろう漁師の人達から意見を聞きたくて、AbersochのFacebookページでこのクリップを共有することにしました」

しかし案の定、SNSではこの生物の正体が解る人は殆どいなかった。形状こそ魚の頭に似ているが、このような魚は見たことが無いという意見が大半を占めており、中には「未知の怪物かもしれない」という意見も出たほどだった。




一方、専門家からの意見が無かった訳ではない。アングルシー海動物園の所長であるフランキー・ホブロ氏は、「この粗い動画だけでは判断が難しい」としながらも、もしかすると「大きなゴカイの糞の塊」ではないかという意見を述べている。

ゴカイの糞は湿った砂の上に、円錐形に盛り上がった状態で残る。もしゴカイの糞の下にカニ等の生物がおり、たまたま下を通って山を崩した際に、このような動きになるのではないか、というのだ。

もちろんこの説は推測でしかないため、「もっと現場の様子を捉えた画像や資料が欲しい」とホブロ氏は述べている。しかし一方で「この物体が何であれ、沿岸の海洋生物に興味を持っている人が増えるのは良い事です」と語っている。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Liverpool ECHO / YouTube

TOCANA関連記事
砂浜から“未知の怪物”が出現、少年に会釈する恐怖の瞬間! 専門家困惑の異様すぎる光景=英

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る