ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えた「光り輝く宇宙の波紋」

先日、NASAが新たに開発したジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が捉えた様々な天体の画像を公開した。

同じ天体を捉えた以前の画像と単純に比較しただけでも、より鮮明かつ色鮮やかに天体が写し出されていることが解るものとなっている。また、これまで撮影された中で最も遠い宇宙の姿も画像で捉えることに成功しているため、今後の研究が進むのではないかと大きな期待が寄せられている。




さて、そんなジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した新しい画像の中に、科学者たちも頭を悩ませる奇妙な現象が捉えられて注目を集めている。それは太陽系から5600光年の距離にある変光星WR140を捉えたもので、なんと星の周囲に光り輝く波紋を思わせる不思議な同心円状の輪が浮かび上がっているのだ。

しかも光の輪は交互に暗くなったり明るくなったりしている事が解る。画像内の6つの青い点は光学的なアーティファクトだが、光の性質は本物であるため、宇宙人ないしは発生源が人工的なものに由来するのではないか、と疑う声も出ているという。

この画像はJWSTの公開データファイルを調査し、見つけたものをTwitterで共有している市民科学者のジュディ・シュミットによって明るみに出たもの。その後Live Scienceで報告され、JWSTの科学者であるMark McCaughrean氏も写真に捉えられた光の異常な特徴について “bonkers(※クレイジーと同義)”と呼んでいる。

一方でNOIRLabの天文学者であるライアン・ラウ氏はこの観測結果について研究しており、この度彼のチームがWR140の異常について論文を提出したことを明らかにした。

宇宙に広がる謎の波紋の正体は、近く明らかになるのかもしれない。

ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡が9分で説明

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/LiveScience

TOCANA関連記事
ついに地球外文明のシグナル受信か! ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が“謎の波紋”激撮、「クレイジーだ」学者も狂喜!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る