仮想空間に取り憑く幽霊!?「AIが描く怖い絵に共通して現れる女が…」

最近話題の「AIお絵かき」。専用のアプリケーションに単語や画家の名前を入力することで、誰でもイラストレーターが描いたような絵を生成できる。数年前まではまだ精度が今一つだったが、近年では学習の結果、人間が描いたものと遜色ない作品の出力も可能になっている。

そんな中、ネット上で奇妙な噂が出回り始めた。それは、何でも「AIにホラー系の絵を指定して描かせると、決まって同じ女性が絵に現れる」という。

どのような女性なのかは明記されていないが、Twitterでは「目が大きい」「どこから毛が生えているか解らない事もあるが、ロングヘア」「白い服」の女性が出力されることが多いようだという話が出てきているようだ。

果たしてこれはどういう事なのか。

誰が画像を生成しても、必ず似た女が出てくるというのはデジタル地縛霊のようで不気味に思えるかもしれないが、AIによるものということであれば簡単に説明ができる。

AIは一枚の絵を描き出すために膨大な画像のデータを読み込み、学習した要素を抽出する形で絵を生成する。我々が見たり、想像する幽霊の姿は多々あれど、やはり古式ゆかしい白い死装束や、白いワンピースを着た黒髪の女性といった姿が一般的だ。




そんな典型例が多く学習された結果AIが出力したホラー系の絵にも典型的な幽霊が登場するようになったのではないか、というものだ。なお、長い黒髪に白いワンピースの貞子スタイルは映画「リング」が海外でリメイクされた結果海を超えた欧米でも地位を確立しつつあり、実際にサマラ(※海外版貞子)のような姿の霊を見たという目撃談や写真に写ったというケースも報告されている。そのため海外でもAIが出力した画像に同じ女性が出てきている可能性は高い。

ともあれ、これは仕組みを知らなければなかなか怖い話ではある。やはり怪談や幽霊は新たな技術が産まれる度に環境に適応し、最適化していく存在なのかもしれない。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

TOCANA関連記事
「AIにホラー絵を描かせると共通して現れる謎の女」は何者か? 社会を襲うデジタル地縛霊の恐怖

画像 Dorothe / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る