海外の超常現象調査チーム、伝説の「ホブゴブリン」に遭遇

海外の超常現象調査員のチームが、謎のうなり声を上げる「クリーチャー」に遭遇するという恐怖の体験を語って話題になっている。

この事件は今から8年ほど前、ヴィック・ハーボード氏とクリスティン・タウンエンド氏という2人組の超常現象調査員が、東ヨークシャー協会研究グループのメンバーとともに超常現象に遭遇することを期待して、イギリスはアトウィックの地に建つセント・ローレンス教会を調査した時の話だったという。

彼らは幽霊との対話を期待して「スピリット・ボックス(※実体のない声を拾うための電子機器)」を持参し、虚空に向かって「我々とコミュニケーションを取りたい者はいないか」と大声で尋ねたそうだ。だが、タウンエンド氏は自分のすぐ近くでうなり声のようなものを聞いてしまったという。

「教会のグラウンドに入ると、すぐに不気味な感じがしました。そして捜査が始まって間もなく、うなり声のようなものが聞こえてきたのです…声は3回、4回と聞こえたのですが、4回目からは自分の耳が信じられなくなりました」

ちなみにうなり声からは「非人間的で負のエネルギー」を感じたそうで、聞いているうちに不機嫌になっていったという。




後に二人は地元の伝説を調べ、アトウィックはかつて「ホブゴブリン」に脅かされていた事を知ったという。ちなみに「ホブゴブリン」は妖精の一種で、いたずら好きで時折人間に迷惑もしでかす妖精のゴブリンの亜種。ゴブリンと同じくいたずら好きだが、ゴブリンとは違って人間に対して友好的で、家事を喜んで手助けしてくれる存在だと言われていた。一方で、機嫌を損ねると相当な仕返しを受けたようだ。

このように概して友好的な存在であるホブゴブリンだが、この地域に伝わるホブゴブリンは「ある形態から別の形態に変身することができる、悪魔のような生き物」だったという。

「今日に至るまで、私たちが遭遇したものが何であったかは100%わかっていない。しかし、この体験を振り返ると民間伝承の中にも幾つかの真実がある事を考えなくてはならないようだ」とタウンエンド氏は語っている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Hobgoblins LACMA 63.11.49 / Fæ

TOCANA関連記事
UMA調査隊が伝説の怪物「ホブゴブリン」に遭遇! 謎の唸り声、負のエネルギー… 恐怖の一部始終を激白!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る