「双頭」の亀・ヤヌス、今年で25歳

非常に珍しい「二つの頭」を持つ亀のヤヌスが今年で25歳になり話題になっている。

ヤヌスは1997年9月3日にジュネーブ自然史博物館で誕生した。卵の中にる頃に2つの胚が結合、そのまま成長してしまって産まれたのではないかと考えられている。事実、ヤヌスには2対の肺と心臓があり、更には頭ごとに「性格」や「個性」もあるのだという。

「右の頭は好奇心が強く、積極的で強い意思を持っています。左の頭は右より受動的で、食べることが大好きです」と飼育を担当するアンジェリカ・ブルゴワンさんはロイター通信に語った。時々、2つの頭部は、どちらの方向に歩くか等の理由でいさかいすら起こすという。

こういった双頭や結合状態で産まれた個体が長生きすることはあまりない。そもそも体質的に弱かったり何らかの疾患を抱えていることも多いからだ。だが今のところ、幸いなことにヤヌスは健康な状態で長生きしているという。

しかし他の亀が備えている能力ーーー例えば頭を甲羅の中に引っ込める事などができないため、健康体であっても野生では生き残ることができなかっただろう、と専門家は語る。また、もし彼がひっくり返ったら命にかかわるため、飼育員は彼から目を離さないようにしなければならないそうだ。

願わくはヤヌスが今後もすくすくと育ってくれるよう、飼育員たちは見守っていくとのことだ。

Two-Headed Tortoise Turns 25, Sets World Record

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Voice of America / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る