米国政府「2019年の未公開UFO動画が24本ある」と発表も…公開拒否!

5月17日、アメリカ議会は実に50年以上ぶりに「UFO現象に関する公聴会」を開催。

この公聴会では米軍が撮影していた新たなUFO画像が公開されるなど、UFO情報に関する透明性の向上が図られた。それでなくともここ数年、UFO現象に対するアメリカ政府の態度は情報公開と透明性を再重視しており、昔に比べて大きく前進しているように見える。

しかし、一方で未だに情報が隠蔽されている、という話も出て来ている。現在アメリカ国防総省は、所有する少なくとも24本の未公開のUFO動画について、「公開すると機密の “情報源と方法 “を危険にさらす」と主張しており、情報公開を拒否しているという。

なお、この24本の動画の中には2019年下半期に起きた19件の個別の目撃情報に関連するものが含まれているという。




この未公開映像の存在は、米海軍への情報公開法(Freedom Of Information Act)の要請があった事で再発見された。アメリカ海軍の戦闘機パイロットが謎の飛行物体と接近遭遇があったという報告が実に144回もあったことから、当局は1日に問題の動画を見せるように圧力をかけていた。

アメリカ国務省の国際安全保障・不拡散局の元アナリストであるMarik von Rennenkampff氏は、アメリカの政治サイトThe Hillに対し「ペンタゴンは少なくとも20本、おそらくもっと多くのUFOビデオを持っているだろう」と語っている。

「米海軍は、24本のビデオのうち19本が2019年6月から12月までに報告されている事を確認しました。ペンタゴンが6ヶ月ごとに20本のUFOビデオを受け取り続けたとしたら、今頃は100本を優に超えるビデオを所有していることでしょう」

彼はまた、当局が人工衛星によって記録されたUFOのデータを所有していると主張したが、これは前述の未公開動画よりも更に「機密性の高いプラットフォームや能力を危険にさらす」ことを恐れて公開されていない可能性がある動画が複数存在している可能性にも触れている。

Rennenkampff氏は「ペンタゴンは情報の透明性が強調された公約を守り、公開の申請があったUFO映像がすべて公開しなければならない」と主張しているが、未だに公開されていない動画の内容が明らかになる日はくるのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Adis Resic / PIXABAY

TOCANA関連記事
米政府が本物認定したUFO映像24本の存在が発覚! しかし「情報源を危険にさらす」ため公開拒否!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る