ボルネオ島で最古の外科手術を受けた人骨が発見された!

2020年、ボルネオ島の東カリマンタンにある鍾乳洞にて発見されたおよそ31000年前の骨に、なんと外科手術が行われた痕跡が発見されて話題になっている。

今回の発見は外科手術が行われた事を示す最古の証拠と考えられている。この発見はボルネオ島の洞窟遺跡にて、壁画などを探していたオーストラリアとインドネシアの考古学者らによって、まったく予期せず行われたものである。

その骨には左下脚の切断を受けたと思われる痕跡が存在しており、骨を分析したところ切断後も数年間は生きていたことが明らかになったことから、無事に切除手術が成功したに違いないことが判明した。




これまでの研究では人類は1万年前まで、患者の死を招くことなく効果的に部位を切断・切除する能力を持たなかったと広く認められていた。しかし今回の人骨は約31000年前に遡るものであるため、今回の発見あらゆる種類の外科手術の最古の証拠となるとみられている。

これまで知られている最古の例は、約7000年前にフランスで腕を切断された農民の事例。

オーストラリアのグリフィス大学のティム・マロニー博士は、「この人物は、足と脚を切断されても生き延びることができたのです。この発見は、既知の医療介入の歴史と人類の知識を大きく変えるものです。それは、初期の人々が…複雑な外科手術をマスターしていたことを示唆しています」と述べている。

Queensland archaeologists uncover first recorded surgical amputation from 31,000 years ago | 7NEWS

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 7NEWS Australia / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る