「海底に眠るエイリアンの技術」発見に150万ドルを投じる

今年初め、8年前にパプアニューギニア上空で爆発し地球に落下した火球が、実は太陽系外から来たものであることが米宇宙司令部(USSC)によって明らかになった。これは2017年に外宇宙から太陽系に飛来した小惑星「オウムアムア」の発見に先立つものと考えられている。

ハーバード大学のアヴィ・ローブ博士によると、この天体(CNEOS 2014-01-08と名付けられた)の破片は太平洋に落下し、今は海底で発見されるのを待っている状態だと語る。更にローブ氏は、この天体の破片が実は地球外生命体由来の人工物であり、破片に宇宙人の技術が含まれている可能性が高いと主張しているのだ。

ローブ氏が人工物だと考えた理由として、他の隕石や火球等と比較してCNEOS 2014-01-08が異常に速く移動していた点等を上げている。




彼は現在、海底からこれらの破片を発見し回収するための1.5ドルの探検に資金を提供している。しかし、分裂する前の大きさが約1.5メートルほどしかない物体の小さな破片を広い海の底から見つけ出すことはかなりの難題であり、そもそも探索が可能かどうかについてさえ疑問視する声が上がっている。

また、そもそものローブ氏の主張に対しても疑問視する科学者は少なくない。

「この落下物に対する宇宙人技術仮説はあまりにも突飛であり、何の科学的根拠もありません。この天体について安易に異星人の技術だと述べることは、私には、実際に存在するものを研究する素晴らしい仕事をしている何百何千という正当な太陽系科学者に対する絶対的な茶番劇です」

と、宇宙物理学者で長年ローブ氏に対する批判をしてきたイーサン・シーゲル博士は今回の試みに対しても厳しい見解を示している。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 dieselVUK / PIXABAY

TOCANA関連記事
「2014年にエイリアンのUFOが太平洋に落下していた」ハーバード大教授が確信! 海底探索プロジェクト発足で回収へ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る