4歳のウエンツが封印した「堅固過ぎる〇〇」、蓋開封に“激”奮闘中!!

9月2日放送『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系・金曜21時58分)で、トーク番組のMCとして長年活躍しているゲストのウエンツ瑛士が「他人に興味がないのが悩み」と神妙な面持ちで打ち明けた。

かなり小さい頃から他人に興味が無さ過ぎることを悩んでいるというウエンツ。色んな人に話しかけたり努力しているものの、どうしても相手に全く興味が湧かず質問が全然出て来ないという。




試しにというように、「俺のええとこ言ってよ!俺のええとこあるやろ?」と詰め寄るMCの松本人志。

すると「言いますよ。メチャクチャ言います!」と自信たっぷりに前置きしたものの、「筋力だけではなく全てにおいての力が凄いあるよ」と、ぎこちない褒め方をしたウエンツに一同大爆笑!!

そんなウエンツを見かねて、「興味がないから人を褒めるのが下手なんじゃない?」とコメントをした進行役の千鳥・大悟に、「そういうのもあります。自分の気持ち『4歳には蓋をしてる』」とウエンツは衝撃の告白をした。

ここで、「ウエンツ、俺が死んだら泣いてくれる?」と腕を組み真面目な表情で問いかけた松本に、「はい!」と即答せず「泣いてくれる??」と聞き返したウエンツに、驚愕した様子で思わず「えっ!?」と小さく声を上げた松本。

その様子に慌てたのか、ウエンツは上目遣いをしながら「泣きます。泣きます。泣きます」と3回続けるも、ウエンツを指差しながら「怖い怖い!今の絶対ウソっぽかったなー!!」と訝しむ松本に、ウエンツは「ホントに思ってないと3回も言えないですよ!」と弁明したが……




「ちょっとショックやったなーー。ウエンツがそんなに俺に対して興味が無いということを知っちゃったから……」と、堪えた表情で指をこねくり回しながらいじけてしまった松本。

今日の様々なテーマでのウエンツの発言も「今考えたら頑張ってたんやな」と、最後に進行役の麒麟・川島明がウエンツを労い話題が次へと移ったものの、

松本の様子から、今回ウエンツと松本との間に浅くはない溝が出来てしまったのではないかと筆者は思わず危惧しているが、実は2月25日の同番組出演時に『あがり症』の悩みを打ち明けていたお悩み相談が続くウエンツ。

次回同番組に出演した際、松本とギクシャクしている悩みを打ち明けることにならないことを祈りたい!!

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Autism / hepingting
 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る