【超クリア!】メキシコ上空を飛行する金属製の円盤型UFO

UFOを捉えた写真や動画は多いが、その大半はぼやけていたり非常に遠くにあるなど、なかなか写真写りが良いとは言えないものばかりだ。

もう少しピントが合っていて、しっかりと細部まで形が確認できそうな写真はないものだろうか、と思う人も少なくないだろう。

ところが先日、メキシコにて非常に鮮明なUFO写真が撮影されて話題になっている。

問題の画像は8月17日、フアニート・フアン(Juanito Juan)という人物がメキシコのタマウリパス州にて目撃、撮影に成功したものである。画像は全部で三枚あり、曇天の下を飛行する青みがかった薄いディスク状の謎の物体が確認できるものとなっている。




この写真を紹介するツイートには「この写真は8/17午後にタマウリパスの田舎で、フアニート・フアンと名乗る人物が嵐雲の写真を撮ろうとしたとき、この物体があるのに気づき、この一連の驚くべき写真の撮影に成功した」との簡単な説明が載っているが、現状ではこの目撃例に関するほとんどの情報が知られておらず、撮影時の状況や写真の正当性を具体的に把握するのは難しいとのことだ。

メキシコ国内、特にメキシコシティは1990年代の日食時に目撃情報が相次いだことから、UFO現象のホットスポットと考えられてきた地域でもある。この写真は再びメキシコでUFOが多く目撃されるようになる前触れなのだろうか?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/ARTUROSAND79 

TOCANA関連記事
【衝撃】超鮮明なメタリックUFO写真流出! メキシコで激撮、ツルツルでピカピカな空飛ぶ円盤が世界的話題

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る