香川の白狐です。さて、私は18歳の頃から42年間舞台、映像関係の仕事に従事しておりました。その関係から様々な劇場で不可思議な現象を体験してきましたので何件かご紹介したいと思いメールさせて頂きます。

短い話としては、香川の大きな劇場で稲川淳二さんのホラーナイトのスタッフとしてスポットライト室に居た時の話です。

稲川さんとは以前、『ルックルックこんにちは』という、日テレのロケで映画評論家の水野春郎さんの故郷、岡山県の高梁(タカハシ)市を一日中同行しました。

そのときには何も感じなかったのですが、ホラーナイト公演の際、舞台は古い民家のセットで稲川さんがお話をされるという公演でした。

照明のスタッフだった私は、稲川さんをスポットで追い掛ける係でした。リハーサルを無事に終え、本番に入ってお話が始まった途端、リハーサルでは無かった光景が目に飛び込んで来ました。




舞台下手のセット中庭から巫女さんの衣装を着た10歳くらいの女の子がいきなり舞台に走り込んできて、セットの土間に座った稲川さんの周りを笑いながら走り廻り、やがてセットの中を自由気ままに走って「ケラケラ」と声を立てていました。

驚いた私は、隣にいたもう一人の若い男のオペレーターに「こんな演出聞いてたっけ?」と聞きましたが、彼は私の言葉の意味が理解出来ないようでした。

それで、いま舞台で起きている事を中継するように説明し始めるとよっぽど怖がりだったと見え、機器を放り出しうずくまって震え出しました。

やがて巫女姿の少女は舞台袖に走り込み、二度と出ては来ませんでした。

稲川さんには見えて居たのかどうか、少しも動じる事無く、本番を終えました。

この話は、結局他のスタッフには話さずに僕の中で封印してしまいました。

谷中で地面に這いずるミイラ男を発見、庚申社の使い?輝く猿が現れた ATL3rd 106

(アトラスラジオ・リスナー投稿 白狐さん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 灘 伏見 / photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る