お化けが出るホテルは洋の東西を問わず存在するが、海外にてそんな曰く付きのホテルが売りに出されて話題になっている。

ウィスコンシン州のハンバードという小さな町にある、ハンバード・ホテル・バー&グリルは、150年以上前に建てられたと言われており、6つの客室とバーがある小ぢんまりとした宿泊施設だ。

そしてこのホテルを訪れた人々の話が本当なら、このホテルには客よりも多いほど、あらゆる種類の不気味な霊が住み着いていると言われている。

不動産業者のジュリー・バーヌブ氏は、この物件を紹介する際にこの店で起きる超常現象にも触れているが、この心霊現象が購入希望者にとっては「プラスになるかマイナスになるかはわからない」と認めているそうだ。




本当に幽霊が出るかどうかを確認するのは難しいが、少なくともこのホテルではミネソタ州の超自然現象調査団が何度も心霊調査を行っており、霊の証拠といえるものも捉えられている。

今年の6月に調査が行われた際、彼らは廊下に現れた不気味な黒い影の写真を撮影。また事前の調査では紛れもなく不気味な音源を記録するのに成功している。他にもこのホテルに宿泊した何人もの人たちから「霊を見た」という証言や、「部屋の中で何者かに見られているような不気味な感覚を味わった」という証言が多数寄せられている。

1869年に建てられたこのホテルの歴史は時間の経過とともに資料も散逸してしまっているが、このホテルの売買を担当する不動産業者によれば、州の辺境の地にあることから、かつて売春宿として利用されていたのではないかと推測している。

気になるホテルの現在の希望価格は279,900ドル(約3900万円)で、これには調度品や酒類販売免許、そして幽霊もすべて含まれているとのことだ。今すぐに幽霊屋敷を持ちたいと考える人は購入を考えてみてはいかがだろうか。

ParaExpo 2021 Hotel Bar and Grill Humbird WI!!

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://www.facebook.com/humbirdhotelbar

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る