NASAがUFO研究最新情報を提供、今後のプロジェクトは「最優先事項」

先日NASAの関係者が、NASAがUFO研究を独立して行い、最新情報を提供するプロジェクトを最優先事項と呼んで取り組むと明らかにした。

NASAの科学ミッション本部で研究担当の副長官補佐を務めるダニエル・エバンス氏は、17日水曜日に行われたタウンホールミーティングにて今年の夏に発表されたNASAのUFO研究に関して質問された際に次のように答えた。

彼は宇宙機関がこのプロジェクトに「全力で取り組んでいる」と話し、「これは我々にとって本当に重要であり、高い優先順位を置いている」と強調。そのために「世界有数の科学者やデータ実務者、人工知能実務者、航空宇宙安全の専門家などによる16人程度のグループを結成し、科学とデータの全容をUAPに適用し特定の担当を持たせたい」と説明した。

担当者の候補は既にリストが作成されており、現在NASAのビル・ネルソン長官の承認を待ちつつ正式に参加させ始めているところだ、と彼は述べている。




エバンス氏は、遅くとも10月までには完全にチームを編成したいと述べているが、もっと早く達成することも可能であると希望を語っている。

今回の専門家チームの結成はNASA独自のUFOプロジェクトの始まりに過ぎない。このプロジェクトでは研究対象となるUFOデータを特定し、その情報をよりよく収集する方法を決定しつつ、最終的には「UAPの科学的理解を前進させる」ことを目的としている。

前述のミーティングにて、エバンス氏は「NASAはUFO研究に特に適している機関」であるとも語っている。なぜならNASAは空で何が起こっているかを見分けるために、科学とデータのツールをどう使うべきかを知っているからだ。さらにNASAは信頼性の高い組織であることも関係しているという。

確かにその点は間違いないだろうが、もしNASAがUAPについて研究した後に平凡な結論に到ってしまったとしたならば、間違いなく多くの人たちから「NASAは真実を隠蔽している」と非難される可能性は高いという推測も出てきている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

TOCANA関連記事
UFO研究がNASAの最優先業務になったと発覚! 謎の特別チームまで結成で隠蔽加速の恐れも

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る