ハワイで撮影された謎のビッグキャット

未確認生物は普通生息地を動いたりしないものだが、近年はその生息地からかなり離れた所で目撃されるケースも存在している。例えばそれまで獣人UMAの目撃報告がなかったイギリスにて、アメリカのビッグフットを彷彿とさせる獣人UMAが目撃されるようになって注目を集めた。

そして今度は、イギリスに棲息しているという謎の大型ネコ科生物のUMA「ABC(エイリアン・ビッグ・キャット)」らしき生物がアメリカ国内で確認されたとして話題になっているのである。しかもアメリカ本土ではなくハワイから報告されているのだ。

7日日曜日、ハワイのホルアロア在住の男性が自分の家の敷地をうろつく「かなり大きなネコのような生物」を発見した。地元メディアの報道によると、男性は自宅の庭の草むしりをしているときに敷地内の石垣の近く、約30メートルしか離れていない場所に大きな動物が潜んでいることに気づいて驚いたそう。

「最初は大きな犬だと思ったんだ。でも、よく見たら巨大な猫だという事に気づいた」と目撃者は振り返る。




男性はその生物から距離を取りつつも、大きな謎のネコ科生物の写真を撮ることに成功した。だが、凶暴な生物である可能性もあったため、これ以上近づかれないようにとライフル銃を持ち出し、ネコ科生物のほうに向けて発砲した。するとネコ科生物は1.5~2メートル近く飛び上がり、9メートルも離れた所に移動したそう。男性は「あんなに大きな猫が高くジャンプするのは見たことが無い」と証言している。

その生物がもう戻ってこないことがわかると、男性は思い切ってその生き物がいた場所に足を運び、足跡の写真も撮って州の土地自然資源省に送った。その後、謎の大きなネコ科生物について他にも目撃した人がいないか調査を開始したという。男性は可能ならば再びこのネコ科動物の姿を確認し、可能であれば捕獲したいとしている。

ちなみにホノルル動物園の専門家は、写真から判別するのは難しいとしながらも、「足跡から北米大陸に棲息している山猫のボブキャットである可能性がある」と指摘している。その場合、何らかの方法で本土から持ち込まれたとみるのが良さそうだ。

Mysterious wildcat sighting reported in Hawaii

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 KHON2 News / YouTube

TOCANA関連記事
謎すぎるUMA「ABC」がハワイに出現! 目撃者が発砲した瞬間… 超ヤバい身体能力に全米騒然!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る