【公文書】悪魔に憑依された子供たちが「壁を後ろ向きで歩き回る」

悪霊や幽霊に取り憑かれ、常人には有り得ないような行動をとってしまうという話はホラー作品の中に登場するフィクションに過ぎないように思えるかもしれない。

映画「エクソシスト」で少女の首が180度後ろに回ったり、独りでに体が飛び跳ねるなどの描写がなされていた。もちろんこれは映画での脚色だが、実際に悪魔憑きや悪霊にとり憑かれたという事例を見ていくと、中には常識では説明できない奇妙な例も存在するのだとか。

2014年にアメリカのインディアナ州で報告されたとある家族の事例もその一つだ。

インディアナ州の公式文書に記録されている所によると、とある一家の子ども3人が揃って悪魔に憑依され、しわがれた声で話すだけでなく、なんと体が浮遊したり、寝室の壁を歩いたりと様々な不穏かつ常人には不可能に見える行動を示すようになった、という報告が寄せられたというのだ。

にわかには信じ難い話であるが、これらの現象は警察官や医療専門家を含む多くの信頼できる人々によって観察されたという。少なくとも一人の心理学者が、一家の9歳になる息子が「普通の声色とは異なる深い声で話し、後ろ向きで壁を歩く」様子を目撃したと州の公式文書に記録されている。




また、医療スタッフが子供たちを観察したところ、7歳の子供がうなるような声を立てて白目をむいたり、誰も触っていないにも関わらず少年の体が何者かによって持ち上げられ、壁へ投げ飛ばされる様子も目撃されたという。

「ある子どもは奇妙な笑みを浮かべると、祖母が彼の手を握りながら後ろ向きで壁を歩きました。彼は決して祖母の手を放しませんでした。そして祖母の前でひっくり返って着地すると、椅子に座ったのです」と報告書には記載されている。

もしこれが事実なら、ホラー映画さながらの光景がこの家で繰り広げられたことになるが、報告書には気になる記述も存在している。それは子ども達の母親が精神疾患を患っていたという点だ。

ここから、子供たちが「悪霊が取り憑いた」と思い込んだ母親のために「わざと悪魔に取り憑かれたようなパフォーマンス」をしていたのではないかとも言われており、本当にこれらの現象が起きていたのか疑惑の目も向けられているのだ。一方で、「壁を歩く」など子どもには到底不可能と思われる現象も記録されており、どこまでが子どもの演技とみて良いのか、という意見もある。

最終的に3人の子ども達は児童相談所に引き取られたそうだが、子ども達に取り憑いた悪魔は無事に祓われたのだろうか。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 lbrownstone / PIXABAY

TOCANA関連記事
「白目をむいて壁を疾走」3人の子供が悪魔に憑依された衝撃事件! 学者も目撃、2014年の米公式文書にガチ記載

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る