庭に謎のノームが続々登場?増える人形に悩まされる夫婦

皆さんはホームセンターで「ガーデンノーム」という人形を見た事はあるだろうか。童話の白雪姫に出てくる小人たちを象ったような、赤いとんがり帽子を被った小人の人形で、庭の飾りとして設置される事が多いもので、欧州の庭でポピュラーな飾りだ。

そんなガーデンノームは「増えすぎて困っている」と訴えている人もいる。

イギリスのデヴォン州サウスモルトンで町長を務めるスティーブン・ロックとクリスティン・ロック夫妻は、何年も前から家の前に現れる不可解なガーデンノームに悩まされている。

ある日、夫婦が家に帰ると誰が置いたのか、どこから来たのかわからないノーム人形が庭に置いてあった。だがその後、1年半の間でさらに数体が現れた。

夫妻は、ノームを置いていく人物を見たこともなければ、家に置かれるノームについて説明するメモも見つからなかったため、「誰が何のために夫妻の家に人形を置いていくのか全く解らない」と語る。

当初はあまり気に留めていなかったが、次々と増えるノームを見て夫妻も異常事態が起きていると考えたようだ。

『もしかしたら誰かがノームの処分に困って、どこに置けばいいのかわからなくなって置いたのかもしれない』と考えた夫妻は庭先に置いておくことにしたが、すぐに別のノームが置かれてしまったという。




夫妻はFacebookで「この小さな人形を家に届けてくれた人にありがとう」と投稿したそうだ。

そして、「もし返却を希望するなら大歓迎だから取りに来てほしい」とほのめかしたそうである。でも誰も取りにくる事はなく、ノームは増え続ける一方のようだ。

果たして、誰が何の目的でノーム人形を夫妻の家に置いていっているのだろうか。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Katrin Horvat / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る