平成ノブコブ吉村、4300万円の高級車購入!相方徳井からの手紙に涙…

2022年8月17日に放送された、『NEWニューヨーク』(テレビ朝日)にお笑い芸人平成ノブシコブシの吉村崇(42)が出演。

吉村は今年6月、4300万円のイギリスの高級車、マクラーレンを購入したことで話題になっており、この日はその納車式を勝手に行うという企画。

平成ノブシコブシの同期である5GAP、『ピカルの定理』で共演して以来、吉村の大親友であるという大島麻衣、司会のニューヨークらがお祝いの余興を披露した後、相方の徳井健太(41)も登場。

ギターを片手に現れ、中島みゆきの「糸」を熱唱。そして、ボケではなく相方吉村と歩んだ23年の苦悩や苦労を振り返り、それを乗り越えて平成ノブシコブシは他には無いコンビになれたという、吉村に対する素直な気持ちを綴った手紙を読んだ。




これを聞いた吉村は「マクラーレン買っただけなんですけどね。なんかもう、平成ノブシコブシ解散しちゃいみたいなノリ」と笑わせつつも、「徳井が歌ったり、ここまで気持ちを吐露することは無い」と、どうやら琴線に触れたような様子だ。

徳井も「こんなにいい手紙が書けるとは思わなかった」と満足げな様子で、それに対してニューヨークや、他の出演者達も「本当にいい手紙」と現場は感動に包まれた。

最後は徳井が弾く「幸せなら手を叩こう」に合わせて、吉村がバラエティ番組で人気を得るきっかけとなった“脇鳴らし芸”を披露し、超高級車の納車式は笑顔で幕を閉じた。

(ばや 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Toby Parsons / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る