米政治家が警鐘!UFOと航空機が衝突するのは「時間の問題」

先日、アメリカ下院議員であるティム・バーチェット氏が世界各国でUFOの調査を強化するよう要請し、「緊急で対策を講じなければUFOと飛行機の衝突事故等の悲劇が起こる可能性がある」と懸念を表明して話題になっている。

   「UFO実在すれば、地球外生命体の可能性が高い」

ここ数年、アメリカ政府や米軍はUFO情報を公開したり、国防上の問題として積極的に調査・研究を行う動きを見せている。

事実、米国防総省とアメリカの宇宙機関であるNASAの双方がUFOについて別々に調査を開始しているが、バーチェット議員は進捗が十分ではないと指摘。

2004年以来報告されている144件の目撃例のうち、防衛庁長官が今のところ1件しか説明できないことに不満を示しており、彼はアメリカ政府に対して、UFOの目撃に関するすべての記録を公開するだけでなく、接近遭遇をしたというトップガンのパイロットを議会に呼んで証拠を提出するよう要求している。




彼は「現状のままでは航空機がUFOに衝突するのは時間の問題だ」と主調する。

「真実の追求が透明性の欠如によって妨げられている事実は一般市民にとって不公平なだけでなく、パイロットの安全を危険にさらす可能性がある。多くの軍用パイロットが論理的な説明がつかないUAP遭遇を報告しており、そのうちの何人かは,航空機が原因不明の物体と空中衝突するのは時間の問題であると警告している。しかし数ある警告や報告にもかかわらず、標準化された報告体制が確立したのは2019年でした」

そして彼は政府に対し、より積極的にUFO問題を取り上げるべきだと主調する。

今年の5月に米国議会は半世紀以上ぶりにUFOに関する公聴会を開催し、6月にNASAは「未確認航空現象」を調査するために専門家の調査チームを結成すると発表している。NASAのチームは9ヶ月かけてUAPの証拠を調査し、報告書を作成して公表する予定とのこと。

これらの調査がどのような結果となり、懸念されている「空の安全」にどのように繋がっていくのか気になるところだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Waschi Washborne / PIXABAY

TOCANA関連記事
「UFOと飛行機の衝突事故は不可避」米議員が危機を指摘! 「トップガン」パイロットの報告に注目

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る