ホームセキュリティシステムが猫の幽霊の姿を捉えていた…

24時間稼働している監視カメラや防犯カメラには、奇妙なものが映り込んでしまう事がある。例えば幽霊としか思えない半透明の奇妙な人影や、UMAのような不気味な怪物などだ。

先月、海外のとある一般家庭に設置されていたホームセキュリティシステムに、奇妙な物体が映っていたとして話題になった。

玄関の周囲を広角で捉えている画面を見ていくと、ぼんやりした小さな生物らしき影が玄関ポーチを駆け回り、空中に消えていく様子が映り込む。その形や動きは猫に似ているが半透明なため、まるで猫の幽霊のようだ。

‘Ghost Cat’ Wanders Across Front Porch || Dogtooth Media




この不気味な映像は先月、ヘリントン夫妻の家で撮影されたといわれている。ある日、家の外で何か動きがあったことをセキュリティシステムで知らされた夫婦が録画を確認してみたところ、デッキを歩く透明な猫らしき姿が映っていて驚いたのだそう。

妻のローラさんは映像に映ったものが猫の幽霊であると信じて疑っていないが、動画を見た誰もが本当に動物霊が映っていると信じているわけではない。

懐疑的な視聴者からはこの「幽霊猫」はカメラの不具合や何らかのエラーが生じたために幽霊のように見えてしまった普通の猫である、という指摘が寄せられている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 Dogtooth Media / YouTube

関連記事
防犯カメラに映った「幽霊猫」が怖すぎる! 軒先を駆け回って消える半透明ニャン

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る