やはり、マスク氏はエイリアンだった!?インタビューで驚きの発言…

アメリカのテスラ社最高責任者であり、宇宙開発企業のSpaceX社を率いるイーロン・マスク氏は、度々革新的なプロジェクトを発表したり、意味深な発言を行って話題になる人物でもある。特に宇宙開発事業については、民間の宇宙旅行から火星への有人飛行、移住計画まで視野に入れており、いち民間企業の規模に収まらない大きなスケールの計画を立てている。

イーロン・マスク氏はなぜ、そこまで宇宙を目指すのか。それは彼の故郷が地球ではない、別の惑星だから!?という驚きの説が出て来て話題になっている。しかもこれは他ならぬマスク氏の発言から来ているというのだ。

6日、イーロン・マスク氏はテスラ社で行われたライブインタビューの中で非常に興味深いコメントを残した。

「ここ(※テスラ社)には非常に才能のあるチームがいる。そのため、たとえ私が『宇宙人に誘拐されたり、故郷の惑星に戻ったり』したとしても、テスラ社は非常にうまくやっていくだろうと思う」




この発言はFuture Fundのマネージングパートナーであり、株主のGary Black氏から出た「テスラ社の取締役会がマスク氏の後継についてどう考えているのか」という質問に答えたものだという。

発言を素直に取るならば、いずれ彼が「故郷の惑星」に帰ってしまうことを指すような内容だ。実際、海外のUFO研究家であるスコット・ワーリング氏はこの発言を引用し、「私は長い間、彼(マスク氏)は異星人であり、この世のものではないと語ってきた。このインタビューで、彼は私の説を100%認めたのです」と語っている。

成る程、マスク氏が異星人であれば自分の惑星に帰るために宇宙開発を進めようとするのも納得できるかもしれない。だが、流石にこの発言はマスク氏なりのジョークであろうと考える人が大半のようだ。

Tesla will continue to do well, even if I was kidnapped by aliens, or went back to my home planet

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Tumisu / PIXABAY

TOCANA関連記事
やはりイーロン・マスクの正体は宇宙人だった! 「私が故郷の星に戻っても…」口を滑らせ全米戦慄!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る