謎の金属製球体がメキシコに落下!気になるその正体は?

メキシコにて、ある著名な気象学者が空から奇妙な金属製の球体が降ってきたと主張し、その後当局に連行されるという奇妙な事件が発生し、話題になっている。

この奇妙な事件は31日日曜日の夜に著名な気象学者であるイシドロ・カノ・ルナ氏が奇妙な球体の写真をSNS上に投稿したことから始まった。ルナ氏はこの不思議な球体が空からベラクルス市の木の上に落ちて来た、と書き込んだ。球体が降下するのを目撃した人は他にもおり、音を立てながら落ちて来たそうだが、燃えたりはしていなかったようだ。

TOCANA関連記事
メキシコでUFO墜落 → 政府が極秘回収! 謎すぎる金属球に学者も困惑「宇宙ゴミではあり得ない」

球体は「非常に硬いプラスチックか、様々な金属の合金のように見える」もので、アンテナが着いていた。そこからルナ氏は落ちて来た球体は中国のロケットの一部ではないかと推測している。

7月24日、中国は海南省文昌発射場から衛星ステーション関連施設の建設に関わる運搬用ロケット「長征5号B」を打ち上げたが、ロケットは地球の周回軌道に乗る前に「ペイロード・モジュール」という部分が剥離。大きな残骸であったが、中国側は「制御不能により落下地点は不明」としていた。こういったロケットの一部は地球への大気圏突入で燃え尽きる可能性が高いものの、31日にフィリピン近海に大きな残骸が漂着している事が判明している。

ルナ氏は「放射性物質が含まれている可能性があるので、触らないように」と注意を促し、メキシコ政府に「専門チーム」を派遣して球体を回収し、研究するよう求めた。また彼は、球の外側にあるコードに注目、「この球にはタイミング機構があり、それが作動すると球が開き、その中にある貴重な情報が表示される」と推理している。




この謎の球体はネット上で多くの反響を呼び、メキシコのUFO愛好家の間ですぐに広まった。翌日、ルナ氏はこの事件に関する最終的な情報を提供し、球体がメキシコ政府の専門家によって持ち去られ、「国境を越えた」目的地に向かう途中であることを明らかにした。そして最終的に、「メキシコの政治家たちが国家の安全を守るために、この事件をフェイク・ニュースとして片付けるだろう」と語っている。

今のところ、この奇妙な物体の正体は謎のままだが、ルナ氏の写真を調べた専門家たちからは、この球体がある種のスペース・デブリであるという説に懐疑的な意見も出て来ている。天体物理学者のジョナサン・マクダウェル氏はニューズウィーク誌に、球体の着地点から考えると最近打ち上げられた中国のロケットから来たものではない可能性があると指摘している。宇宙工学のマーティン・スウィーニング教授もこの意見に賛同しており「球体は燃えたり傷ついたりしていないようなので、大気圏を通過したばかりの物体とは不釣り合いである」と述べている。

果たして、謎の球体の正体は何なのか。気になる人は自分でも考えてみてほしい。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://www.facebook.com/IsidroCanoMeteorologo

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る