アラスカで奇妙な牛のキャトルミューティレーション事件

アラスカ州のある牧場のオーナーが、飼っている牛の1頭がキャトルミューティレーション現象らしきものの犠牲になったと語っている。

地元メディアの報道によれば、この事件は先週、デルタ・ジャンクションのコミュニティー近くで発生した。数頭の牛を飼っているタンジーとマット・ベイツ夫妻の畑に隣接する森林地帯にて、二人の少女が牛が倒れているのを発見したという。

不気味なことに、殺された牛にはキャトルミューティレーション現象に関連した多くの傷があり、特に耳、目、生殖器、乳房が外科手術のような正確さで切除されていた。何かしらの天敵となる生物に殺されたのではないか、という指摘に対して、夫婦は傷跡の切り口から動物の仕業でないことを示す巧妙なものであると指摘。




「私たちは肉屋をやっているので、その違いはわかります。私はもともとアイダホの出身で、以前にもカルト集団がやってきて、飼っていた牛を殺害して生殖器や目玉を持ち去るのを見たことがあるんです」と夫婦は証言している。ちなみに、ベイツ夫妻の牛が殺害されるのはこれで3件目。過去の2件に関しても同様の方法で殺害されていたのかは不明だが、ベイツ夫妻は牛たちの奇妙な殺害事件の解決の糸口となる情報を提供する者に2500ドル(約335000円)の報酬を提供すると発表している。

一方、アラスカ州当局もこの事件を調査中で、3頭から採取した組織サンプルは検査のために送られている。また、アラスカ農業局のスコット・マグラージ氏は牛が殺された理由について、カルト教徒ではなく「食料品がかなり高くなったので、安い肉を探していち個人が牛を殺害したのかもしれない」と推測している。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 d0ran / PIXABAY

米アラスカで謎すぎるキャトルミューティレーション事件発生! 外科手術のような正確さで牛の目・生殖器・乳房を…!

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る