【仰天都市伝説】“ラブドール💛”はアドルフ・ヒトラーが作った!?

第二次世界大戦にまつわる奇妙な都市伝説の一つに「ナチス・ドイツを率いたアドルフ・ヒトラーがダッチワイフを発明した」というものがある。

『ムッソリーニの理髪師(Mussolini’s Barber)』の著者グレアム・ドナルドによると、当時のナチス親衛隊のトップであったハインリヒ・ヒムラーは、パリ占領後に 「パリでの最大の危険は、バーやダンスホール、その他の場所で客を拾って、支配されずに広がっている売春婦である。兵士が健康を危険にさらすことがないようにするのが我々の義務だ」とし、ヒトラーよりドイツ衛生博物館のアダム・ジマーマン氏の監修の下でデザインされた50体のセックス人形を注文する許可を得たという。

これらの人形は「The Borghild Project」 というコードネームで作成され、占領下のジャージー島の軍事キャンプで試用されたそうだ。

前述のドナルド氏はバービー人形の歴史について調べている時にナチスが秘密裏に行っていたこの計画を知ったと語る。そもそもドイツで子ども達のために売られていた人形のモデル、「リリ」という名前の1950年初期のダッチワイフのオリジナルデザインに基づいていると彼は述べる。




「多くの戦場で起きることですが、銃弾よりも病気に倒れる兵士のほうが多かったのです。ナチスは、軍が性感染症にかかるのを防ごうと、人形を開発し始めました」

その後、ヒトラーは当時のハンガリーの映画スターKathe von Nagyのイメージに基づいてダッチワイフを製造するよう命じたという。ちなみに最高司令部内では、この人形の髪型について広範な議論がなされたとか。「サイドを巻いた髪型にするかどうか議論になりましたが、最終的にはボーイッシュなボブヘアが勝ちました」とドナルド氏は語っている。

しかし、「The Borghild Project」 というコードネームで呼ばれていたこの計画が実際に存在したという確かな証拠はほとんどなく、人形のプロトタイプを写したとされる古い写真が2枚ほど残るのみだ。ドイツ軍はこのダッチワイフを持ったまま捕まることを恐れていたため、破棄されたのではないかと考えられている。後にドレスデンの工業中心部がイギリス空軍によってほぼ完全に破壊されたため、このプロジェクトは闇に葬り去られてしまったのだとか。

本当ならば興味深い話ではあるが、この話は所詮都市伝説にすぎないとされている。ドナルド氏はダッチワイフがプラスチックで作られていたと述べるが、いくら兵士の性病対策とはいえ当時のドイツがわざわざダッチワイフのために軍備を割くとは考えにくいという。

そもそもダッチワイフの本当の起源は17世紀にさかのぼり、オランダの長旅の水兵たちが、性的緊張を和らげるために帆布から粗雑な女性の人形を作ったのが始まりとされている。興味深い話ではあるが、「ダッチワイフはヒトラーが作らせた」説は都市伝説もとい創作の域を出ない話であると考えて良いだろう。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Pexels / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る