「拳の2倍もある白っぽい人魂」

山口先生、愛夢さん、タートルカンパニーのみなさんお晩です。松戸の小市民です。

今回は、自分が10歳くらいの時、今から50年位前の話です。(昭和40年代の話です)
自分は父を早く亡くして母と妹の3人暮らしでしたので、母の実家へと夏休みの1週間行くのが楽しみでした^_^

母の実家は、同じく千葉県の佐原市という所で農業をしていました。

なんどきも寝る前に、祖父が、夜な夜な話してくれるのですが、祖父が若い頃、十五夜の夜になると柿の木の上に二つ目の月があったり、酔っ払って夜帰ると道だと思って前に進むと肥溜めに落ちたり、狸に化かされた話をよく聞かされました。




その頃は、本当に、狸や狐は、化ける事が出来ると疑いも無く思っていました・・・今も思ってます(笑)

ただ一つだけ本当に怖かったのは、夜、叔父と蛍狩りに行った帰り、田んぼのあぜ道を歩いていると墓場の方から大きな人魂を見た時でした。

墓場は家と田んぼの間にありました。

人魂は、大体拳2倍(子供の感覚)ほどの大きさで、青白いというより白っぽくフラフラと飛んで何処かの民間の方向に、向かって飛んで行きました。

叔父は、「万屋(屋号)のじいさん亡くなったみたいだな?」と独り言を呟くと、自分は凄く怖くて叔父の手を強く握っていました。そして何時も雄弁な叔父が一言も喋らず家に帰りました。

そして次の日、万屋のお爺さんのお通夜でした。

乱筆乱文お許し下さい。後宜しければ今度は、松戸での体験話をお便り致します。

ATLASラジオ32:死んだらどうなる?あの世(霊界)の秘密

(アトラスラジオ・リスナー投稿 松戸の小市民さん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 KIWI CHEN / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る