テネシー州、衝撃的なほど厳しい「占い師」法の撤廃を検討

先日、本アトラスではミシガン州のペトスキー市で「占いを禁止する」奇妙な法律が廃止された旨について報告した。だが、これはミシガン州に限った話ではなかったようだ。今度はテネシー州でも占いにまつわる奇妙な法律が発見され、廃止される運びとなったのだ。

   ミシガン州のある市に存在した「占い禁止令」撤廃へ…

地元メディアの報道によれば、奇妙な法律に気づいたのは同州クラークスビル市在住のステファニー・ホフマンさん。彼女はタロットカードが趣味で、友人相手にたびたび占いをしていたそうなのだが、市の条例の中に「占いを規制する」ものが存在する事に気づき、内容を知って更に驚いたという。

この条例は今から40年ほど前の1986年に制定されたものだが、それによると「占い師になるには特定の条件を満たす必要がある」ことになっていた。




同市で占い師として活動する場合、テネシー州に10年以上居住し、クラークスビルに2年以上住んでいることが条件となる。更に占い師は大学の学位を持っている必要があり、郡が指定した医師による健康診断書を作成しないと占いセッションを行う事ができないとされた。さらに、これらの厳しい条件をクリアして「善良な人格者である」と判断されれば占い師として活動が認められるのだが、誰がその判断をするのかについては明示されていない。

クラークスビル市議会議員のトリシャ・バトラー氏はこの法律を見た時のことを「この規制がいかに乱暴なものか、次第に苛立ちを覚えてきた」と回想している。あまりに時代錯誤な内容であると考えられたため、実際に施行される可能性は低いが「この法律が、たまたま占いをやっていた一般市民を追い詰めるために使われるのは避けたい」とのことで、バトラー議員はクラークスビル市の弁護士に依頼してこの法律を廃止する決議案を作成、市議会は次回の会議でこの件を議決する予定だという。

もしこの法律が廃止されれば、前述のミシガン州の事例に次ぐ2例目となる。もしかしたら、アメリカ国内の他の州にも、同様の「厳しすぎる占い師規制」が存在しているのかもしれない。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Vitaliy Shmidt / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る