テキサス州の川に「ドッグマン」が出現!?釣り人が目撃

アメリカにてとある釣り人が、川で奇妙な生物を目撃。撮影に成功したものの、その正体を巡って議論が巻き起こっているという。

問題の動画はテキサス州サンベニートで記録されたもの。二人の釣り人が川を上流へ移動していたところ、奇妙な生物が現れた。それは四足歩行で川から直接水を飲んでいる大きめの生物だった。

撮影している人物が「なんだこれ、犬か?」と疑問を口にしたところ、犬のような生物はこちらに気づいたようで急に後足で立ち上がった。そしてその生物は撮影者らが驚いている前で、二足歩行のまま草むらの奥へと消えていくのだった。

Bigfoot Sighting Spotted By Fisherman In Texas

果たして、この生物の正体は何だったのか。

多くの視聴者が動画のコメント欄に集まって議論した結果、この生物は半人半犬の獣人型UMA「ドッグマン」ではないかという説が出てきた。

しかし、専門家の新しい分析によると、この動物は巨大な類人猿である可能性があるという。UMAの、特にビッグフットの研究家であるアンディ・マクグラス氏は、テキサス州で撮影された映像についてデイリー・スター紙へと、以下のように語っている。




「この映像は説得力があるが、映っている物の正体を判断するのはかなり難しい。生き物が目撃者から離れて立っている距離がかなりあるので、既知の生物かUMAか識別を不可能にしています。中には正体不明の生物を観察しているにもかかわらず、目撃者の反応がのんびりしているという意見もあるようですが、これは彼らが安全な距離を保っているからでしょう。彼らは動物の動きに対して素直に驚いているため、フェイクである可能性は低いと思います」

テキサス州と言えば、今年6月に動物園の側に犬のような頭部を持つ半人半獣の姿が撮影された場所でもある。もしかすると、半人半獣のUMAドッグマンが活動範囲を広げているのだろうか。果たして、この獣人の正体は何なのか。再び人々の前に姿を現す事はあるのか。気になる所だ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Jim Cooper / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る