知らないうちに体にアザが……幽霊のおかげで家を捨てた一家

アメリカにて、数ヶ月に渡って幽霊に苦しめられている一家が注目を集めている。何でも家族は幽霊に奇妙なあざをつけられるなど様々な霊現象を体験した後、家を捨てざるを得なくなってしまったという。

昨年11月、ローレン・ロスさんは夫のスティーブンさんと2人の子供、アラベラ(4歳)とカレブ(6歳)と共にケンタッキー州ミドルズボローにある家を借りて住み始めた。しかしその直後からローレンさんの足に何かに捕まれたようなあざができたり、室内の照明がランダムについたり消えたりするなど、家の中で奇妙なことが起きはじめた。

「家の中の物が移動したり、夜中に何かを見たりするのはしょっちゅうでした。私の息子も夜中に目を覚まし、階段の一番上に立って何かを見つめていたことがありました。ある夜、悪夢にうなされた後に息子を起こし、一緒にトイレに行こうとしました。トイレに足を踏みいれた瞬間、電気がピンッと音をたてて光りました」

しかし今年の6月、決定的となる異変が起きる。

「夜8時になったので、息子のケイレブを寝かしつけたの。その後庭で座って涼んでいたら、彼の叫び声が聞こえてきた。私は部屋に駆けつけたけれど、中に入ることができなかった。中から『放せ』 とか 『ほっとけ』 っていう声が聞こえてきて……」

恐ろしくなった彼女は深夜2時にも関わらず、家を飛び出してタクシーで母のいる実家へ帰ってしまったという。




その後、一家は家を出てしまったが、今はこの家に民間のゴーストハンターであるノースイースト超常現象調査団が立ち寄り、彼女の家で起きた不気味な出来事について詳しい調査を行っているという。これまで様々な心霊スポットで調査を行ってきた調査団も、この家では不可解な現象を体験しているという。

例えばローレンさんがバスルームに座っていた時に、調査団のスタッフが「あの日、冷蔵庫を開けっ放しにしていたのはあなたですか」と質問したところ、まるで答えるように浴室の電気が消えた。そこでローレンさんが「今すぐ私たちにこの物件から出て行って欲しいなら、電気をつけて」と呼び掛けたところ、なんと消えた電気が点灯したのだ。

やはり、この家にはまだ何かが住んでいるのか。調査は引き続き行われる予定とのことだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/BNTeesside 

 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る