パイロットによる数十のUFO遭遇を公式に公開 -「葉巻型」物体も登場

UFO研究家のカイル・ウォーフェル氏が、民間航空会社のパイロットによる14年分のUFO目撃情報を網羅したファイルを入手、一挙に公開して話題になっている。

このUFO目撃情報はアメリカ連邦航空局(FAA)への情報公開請求により入手されたものである。いずれも空を行き交う飛行機のパイロットが目撃し「ニアミス」と分類された数十件の詳細なUFO目撃報告書で、2008年1月1日から現在まで14年間にわたる未確認航空現象(UAP)との説明のつかない遭遇事例をカバーしている。

実に60件以上にものぼるこれらの目撃事例は、これまでにも様々なUFO情報等を暴露してきた、Black Vaultのサイトにて公開された。公開された未確認物体の中には、無責任なユーザーが飛ばしていたドローンと思われるものもあったが、中には正体不明なものも存在している。

2020年7月に報告された1つは、「尾翼も補助翼もない非常に大きなフリスビー型または葉巻型の物体が、非常に速く低空飛行している」というものだった。この謎の物体は写真にもしっかり捉えられており、「銀色、白色で、ほとんど透明で、音もしなかった」という。

別の事例では航空会社のパイロットが、まるで「星のように輝く物体」がホバリングに入る前に、急速に高度を変えるのを観察している。




これらの目撃事例はいずれも興味深いものだが、すべてのパイロットがUFO目撃事例の可能性がある証言を報告するわけではない。2013年にアリゾナ州で上空に謎の「光の列」が複数の目撃者によって目撃された後、レーダーオペレーターから連絡を受けたパイロットは、物体が見えたことを確認していたが、軍のUFOホットラインに報告することを拒否している。

やはりUFOを見たと報告することで自身の評価が下がるのを恐れてしまい、口をつぐんでしまう人も出てくるようだ。

前述のウォーフェル氏は今回公開に至った数々の情報について、次のように語っている。

「世界中で毎年何十万ものUAP目撃談があり、報告されないものはさらに何十万もある。情報公開請求と、最近発表されたUAPTFの予備評価書がこれらの情報の公開に繋がった。未確認航空現象は、この問題が現実であり、無視できないものであることを示しています」

また彼はアメリカ政府が、これらの物体が何であるかを正確に知っているが、何らかの理由でその情報を秘密にすることを選んだと確信していると語る。全ての真実が明らかになる日は来るのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Wikipediaより引用

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る