東大を首席で卒業、今話題の世界が認める超天才!成田悠輔

7月18日の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系 毎週火曜日 18:25)では“ありえへん気になる人!イェール大学助教授 成田悠輔”を放送。

関ジャニ∞ 丸山隆平が成田氏の顔を見ながら・・・

「見るからに・・周りにいないタイプ。まずその眼鏡は意味があるのか?(左レンズとフレームが四角、右は丸という特殊なデザイン)」と言うと、「普通じゃないですか?」と返す成田氏。すると、「そのレベルの人なんだ」と感服する丸山。

ここから成田氏に質問。




 ①具体的にどんな仕事をしている?

「街で買い物をする時、値段は人間(店長、経営者など)が決めているが、ホームページなどは何十万と商品があるから、値段を決めているのはデータとデータを使って計算するコンピューターが決めている。大人買いする人、クーポンを使って買う人に再度クーポンを出したりと、ポイント還元率を購入履歴や金額などで人によって変更する」と説明。

村上が「クーポン押してる!」と叫ぶと、成田氏は「カモにされてますよ」と発言。更に村上が「WEBにこの頃この商品なくなりませんか?と表示される」と言うと成田氏が「あー狙われてますね」と解説し、スタジオ大爆笑。

ということで、成田氏のお仕事は、こういう物を調整=サイトの裏側の暗号の塊の仕組みを作り、データを抽出する仕組みと、そのデータを使用し世界最先端の研究を行っているそうだ。

 ②データを使って何が出来る?

成田氏曰く、医療でどういう薬を誰に出すか?教育で誰にどういうカリキュラムで、どういう科目を教えるか?それらも今ネットショッピングを決めているように、データ、機械、人工知能で行われるようになると考えているそうだ。

安田から「データ技術の最終地点は何?」と質問された、成田氏は「国や政府が、今のショッピングサイトのように、動く未来。世の中のデータを吸い上げて、個々の問題をデータに基づいてどっちに向かうべきなのかを人工知能が決めてくれる感じの世界。これも数十年、数百年後ならありうる」と答えた。




 ③テレビ離れを食い止める策は?

成田氏は「テレビは95%再放送で良い。再放送や既存のコンテンツをリミックスして流す。残りの5%に今までの10倍の予算をつけて超高品質クオリティ特番をやった方が面白い。コンテンツを作ることが大変になっているのでは?これまでに蓄えてきたコンテンツをYouTubeの切り抜き職人と組んで永遠と切り抜いたりリミックスし続ける。ほぼコストゼロで収入も見込めるのでは?」と語る。

さらに安田からは「テレビは視聴率ではなく何に重きを置いたら良いか?」と尋ねられた成田は「テレビの一番の価値は、テレビに出ると偉くなった気がする事。YouTuberもTikTokerも配信ではいい数字を取れてるのに、何故か効率の悪いテレビに出る。その権威が一番の価値!テレビに出ることによって、その(出た)人たちの資産価値があがって将来稼ぎ続ける。なので将来の稼ぎを収益シェアする仕組みはありえないのかな?」と回答。

この意見に対して至極感動する関ジャニ∞の三人だった。多くの業界人も危惧するテレビの将来だが、成田氏によるこれらの見解から気付かされたことは少なからずあったに違いない。

(辻伊織 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 David Mark / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る