谷尻萌、捕獲したアレを“生”ブローチで生放送…視聴者驚嘆めざまし!

7月22日(金)放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系列毎週月曜日~金曜日)において、同番組のお天気キャスター、谷尻萌がドッキリ姿で登場!!

そのニュース動画の始まりは、スタジオから「続いてはお天気です。萌ちゃ〜ん」と呼ばれるや否や、カメラが谷尻をアップに寄せたときだった・・・

すると、するりと谷尻の手のひらから現れたのは、何と生きた蝉!




「は〜い。私、蝉捕まえちゃいました」「アブラゼミの雌なんで。」と性別まで判別しながら丁寧に解説し、何を思ったか谷尻は何故か胸元には蝉を不意にセッティング。すると、スタジオからは驚きの声が上がり、「えぇ〜〜!!ウソでしょ!?」と仰天反応。

もはや、放送事故レベルか!?と思わせるような衝撃の映像である。

スタジオからは冗談でその蝉に名前を付けたかと尋ねられた谷尻。が、さすがに「付けてないです」と回答。そのまま「蝉大好きなので一緒にお伝えしますね」と、谷尻は蝉をブローチにしたままに、笑顔でお天気ニュースを読み出した。

なお、ニュースを読み出すと途端に蝉は谷尻の肩の真上にゆっくり登り始め・・・すると谷尻は「〜南風が最大で13m /sとビュービューです」と読み上げた所で、肩トップに来た蝉を一度手で捕獲。

そして、定位置の胸のブローチに再セッティング。そのまま、まるで何とも無かったように「〜雨の降る時間は、傘飛ばされないようにして下さいね」と読み上げ続け、最後までお天気ニュースをアナウンスした。

Twitterでは、ドラキチおやじ@燃えよドラゴンズ(@dra_kichi_oyaji)さん(たぶん谷尻のファンの方であろうか)がこのニュース動画をアップしている。

コメントには「#目覚ましテレビ #金曜日#お天気キャスター #谷尻萌さんOA中に #セミをつかまえ、そのまま #日本初の試みでセミと一緒にお天気を伝えようとするも、セミの動きに集中出来ずにグダグダになってしまう。#セミとり名人の萌さん、いつかやるとは思っていましたが、まさか 本当にやるとは」と、谷尻が蝉取り名人であることを伝えている。

その証拠に、B.Yコロナ禍の酷暑ご自愛くださいませ(@b_y_unofficial)さんがこうTweetしていた。




去年2匹捕まえた谷尻の写真をアップし、コメントに「蝉を触ってて驚いてる人もいますが…萌ちゃんは全然大丈夫。去年は2匹捕まえてました」と蝉取り名人である証拠写真をアップ。更に、谷尻が京都弁を操るアナウンサーであることを書いている。

なんと!京都弁&蝉を笑顔で捕まえる、そのギャップが堪らない。

続けて締めくくりとして、💜あで💜(@adejo_xo_adagio)さんが写真付きでTweetしている。

「RTした谷尻萌さんとセミの件ですが、セミのお名前「ジリコ」にしたとの事。改めて谷尻さんの慈愛に満ちた人柄に惚れました」

そのTwitterには、インスタグラムに載せている記事と写真を引用。見事、ブローチ蝉の名前が「ジリコ」ちゃんに決定した模様である事を伝えている。

谷尻萌、お天気キャスターはもちろん、今後はバラエティー路線や自然&昆虫番組キャスト等、更に活躍の幅が広がる可能性が大である。
 
(田岡令梛 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Large brown cicada / Takashi(aes256)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る