「エイリアンやUFOに襲われた」時を考慮して自動車保険に加入しよう

マイカーを利用している人は、事故が起きても大丈夫なように自動車保険に入っていることだろう。近年では保険の種類やカバーする範囲は非常に大きく手厚くなってきており、入っていて損は無いが、海外にて「エイリアンやUFOから身を守るためにも」自動車保険に入るべきだという驚きの意見があるようだ。

この奇妙な警告は、自動車の専門家であるAutomoBlogのDrew Young氏とEliza Tews氏の主張によるものである。彼らはアメリカの自動車市場と、近年アメリカでUFO関連の情報公開が進んでいる事に触れ、次のように語っている。

「もしあなたがアメリカ国内で、一人当たりのUFO目撃報告件数が最も多いワシントン州に住んでいようと、最も少ないワシントンD.C.に住んでいようと、あなたの車がUFOやエイリアンからの被害に遭っていないか確認することは重要なことです。2019年3月29日、テネシー州の夜空に火の玉とさまざまな光が見えたと5人が報告しました。これらの光が地球に衝突するだけでなく、あなたの購入した新車に落ちてくることを想像してみてください。あなたの自動車保険がUFOの損害をカバーしていなければ、事故に寄る損害は相当なものになるでしょう。しかし、あなたが包括的な保険に入っていれば、これらの損害はカバーされているので安心できます」




実際に起きる可能性の低い事ではあろうが、UFOは毎日世界中のどこかで目撃されている事は間違いないので、一応想定しておくべきなのだろうか。なお、「もし路上に停車(?)中のUFOに車で突っ込んだ場合」も気になるところだが、その可能性については言及されなかったようだ。

また、彼らは現在問題視されているスペースデブリの破片が地球に落下した時のケースについても触れた。スペースデブリは現在約15000個の破片が地球の周りを回っていると考えられており、毎年約500個もの破片が地球に衝突している。

もし、スペースデブリらしきものが落ちて来て車に傷をつけた場合については、彼らは保険会社に具体的に問い合わせることを推奨している。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Tomomi Graphic Design / photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る