暗殺犯に合図を送っていた?黒い傘の男『アンブレラ・マン』【前半】

今月8日午前11時半ごろ、奈良県の近鉄「大和西大寺」駅付近で演説を行っていた安倍晋三元総理大臣が銃撃を受け、同日午後5時頃に死亡した。67歳だった。

今回の襲撃事件は日本国内のみならず海外でも速報で報じられ、ニュースには暗殺を意味する“assassinated”の単語が見られた。

暗殺された政府要人として誰もが思い浮かべるのは、1963年に発生したケネディ大統領暗殺事件だろう。同年11月22日現地時間12時30分、テキサス州を遊説中だったジョン・F・ケネディ大統領が、ダラス市内をパレード中に銃撃され死亡。犯人はリー・ハーヴェイ・オズワルドとされているが、彼が狙撃したという建物からは狙うのが難しいという指摘などもあり、未だに謎の多い事件である。

そんなケネディ大統領暗殺事件の現場では奇妙な人物も多数目撃されていた。当時の映像を見ていてひときわ目を引く人物が「黒い傘をさした男」こと「アンブレラ・マン」だ。




ケネディ大統領のパレード当日、午前中は雨が降っていたもののパレードが行われる時間にはすっかり晴天となっていた。多くの人が手やハンカチを振り、カメラを構えてケネディ大統領の車列を迎えていたが、そんな人々から少し離れた道路脇の芝生の上に、黒尽くめの格好で黒い傘をさした人物が立っていたのである。

そして大統領の車列が通り過ぎる直前、男は黒い傘を開いて空に掲げ、時計回りに振るような仕草を見せた。その直後、発砲音と共にケネディ大統領の姿勢が崩れる。凶弾が大統領に命中した。

記録映像で見ると、狙撃はまるで黒い傘が合図だったかのようにも思える。

銃撃の後、問題の黒い傘の人物は道路脇の芝生に座り込んでいたが、やがて立ち上がるともう一人の男と一緒にテキサス教科書倉庫の方へ歩いて行く様子が目撃されている。(後半に続く)

Who Was the Umbrella Man? | JFK Assassination Documentary | The New York Times

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 The New York Times / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る