ムロツヨシ、気心知れた小栗旬とは「無言の仲」?知られざるプライベート激白!

7月6日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ水曜23:00)で「ムロツヨシ(46歳)に友達って事で聞いていいですか?」と題し、禁断の私生活徹底解明!プライベート大公開、告白した。エンジェルちゃんとして、山﨑ケイ(お笑いコンビ相席スタート)が、お助けゲストとして出演。

国分太一からの「1日のルーティンを教えて」の質問に、普段プライベートが見えない、ムロツヨシのある日の“休日ルーティーン”を24時間の円グラフで紹介した。

(円グラフの内訳)
21時半 睡眠、7時半 起床・お風呂、8時〜9時半 スロージョギング、9時半〜10時 お風呂、10時〜12時 本を読む・映像見る、
12時〜21時半 昼飲み




2年前の皆で家にいようの撮影時期に、2週間目から7時30分に起きるようになり、更に2年前からインスタライブ(8時16分〜)をやり始めた為、早起きの習慣がついたと言う。友人が朝ドラに出演している際等は、しっかり見たい為に開始時間は朝ドラ合わせにしていると笑顔で答えた。そして、起床してすぐお風呂かシャワーを浴びて、スロージョギングをするという。松岡昌宏と一緒に共演したドラマ『大恋愛』(相手役:戸田恵梨香、ライバル役:松岡)で「ドラマのタイトルわかってるか?相手役誰かわかってるか?おいっ痩せろよ」の周囲のスタッフ&プロデューサーからの無言の圧力で痩せたと告白した。

また、再度入浴した後は、本を読むのは漫画で、映像見るのはコント番組を見る事で楽しんでいるという。そして、昼飲みの、酒のつまみは自分で作り、家飲みするのが基本だそうだ。続けて、太一は「ムロ君って喋ってないと死んじゃう人でしょ?」と問うと、ムロツヨシは「本当に家だと黙ってる。無言なんですよ。仲の良い友人といると無言で、小栗旬は慣れていて、僕よりもよく喋る」と告白。続けて「小栗の家では静か。子供がゲームしている横で、寝ている」と空気のようにリラックス出来ている仲の良さを激白した。

なお、若い頃は《寂しがり屋》と《野心》で「人に会えば新しい考えだったり、誰かを紹介してもらって、仕事の可能性を広げたい20代だった」と話し、とにかく人に会って、そしてお金が無かったためにバイトするという生活ぶりであったという。なにしろ20代は人と会う事を優先していたそうだ。

《素のムロツヨシ》を見ているのは何人かしか見てないんじゃないかなと自身で言う程、仲が良い友人とは無言の状態であるムロツヨシであるが、過去のサプライズデートでは、20代の頃「ホテルをとった事がある」と初告白。




そのデー卜の内訳というのは、気になる、当時いい感じの女性の誕生日の週にご飯に誘い、麻布十番の鉄板焼き屋さんに行ったそうだ。その後「次どうします?」と尋ねられた後、もう一件飲みたいと誘おうと、女性にどこに行くかは内緒でクルマを予約して行き先を伝えていたが、運転手が行き先を「◯◯ホテルですよね」と車内でバラしてしまった為にサプライズは失敗したという。ところが、「ん?まぁ、良いでしょう」と女性はにとっては結果オーライだったといい思い出を語った。

因みに、東京タワーが見えるホテルだったそうだ。

現在、主演映画『神は見返りを求める』(配給:パルコ)が全国公開中である。一度は心を開いた女性に見返りを求めるようになってしまったと言う、可愛さ余って憎さ100倍の危険な行動がエスカレートしていく心が暖まる!?ピュアなラブストーリーである。

素の一面を激白したムロツヨシであるが、演技に引き込まれてしまう彼の溢れ出る魅力を楽しんでみては如何だろうか。

(田岡令梛 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 David Mark / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る