2024年、謎のウイルスによる新たなパンデミックが発生!?

2019年から世界的に感染拡大して猛威を奮ってきた新型コロナウイルス感染症。今年になってワクチン接種も進みようやく出口が見えてきたかと思いきや、再び日本では都内をはじめ感染拡大の傾向が出て来た。

ここ3年程は人類とウイルスとの戦いが続いていたが、なんと2年後の2024年には「新たな謎の新型ウイルス」が出現し、再び世界中に広まるという予言が出て来て海外で注目を集めている。

この発言を行っているには「2096年から来たタイムトラベラー」を自称する「timetravlehqr」という人物。彼は6月28日、TikTokにて今後数年間で起きる重要な事件の数々を箇条書きにして、動画で予言を行ったのだ。

彼が告げた予言は次の通り。

・2022年:米国がUFO(未確認飛行物体)の資料を一般公開する。
・2023年: 世界最大の生物は地下で発見される。
・2024年: 第三世界の国で危険で謎のウイルスが発生し、世界中に広まる。備えよ。




つまり今年から翌年にかけて、「エイリアン」や「地下生物」などが相次いで発見された後に新たなウイルスが発生し、再びパンデミックを引き起こすというのだ。本当に起きるとすれば確かに驚くべき事件ではあるのだが・・・。ちなみに、「timetravlehqr」と名乗るこのユーザーは、「私が2096年から来たタイムトラベラーであることを信じない人もいるので、これから起こる出来事を動画で警告します」と語っていた。

彼の予言は大きな反響を呼んでいるようだが、動画を視聴した多くのTikTokユーザーたちは警告を「フェイク」だと受け取ってあまり深刻に捉えていないようだ。

既に一部、2022年の部分が当たっているようにも思えるが、動画が投稿された時点で5月17日にアメリカ議会でUFO公聴会が行われていたので、単なる事実を書いただけと見ても良いだろう。問題は来年と再来年の予言だ。謎の巨大生物も気になるが、果たして本当に近いうちに新たなパンデミックは発生するのか。予言の結果が気になる所だ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Hoagy Peterman / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る