パイロットと軍隊が目撃!ブラジルUFO事件を公聴会で発表

5月17日にアメリカ議会にて50年ぶりにUFO情報に関する公聴会が行われたが、この動きはアメリカ以外の国にも広がっているようだ。

先週、1986年にブラジル上空で発生した有名なUFO事件がブラジル上院で開催されるUFO公聴会で発表されることになり、事件の概要が改めて公開された。

1986年5月19日の夜、ブラジル空軍の管制官セルジオ・モタ・ダ・シルバが、サンパウロ近郊の空港の管制塔から空に光を目撃したのが始まりだった。その光について彼は「上にも下にも、左にも右にも行かず、ただ浮遊している(※移動もしていなければ、風に流されてもいないということか)。飛行機ではないが、”知的 “に行動しているように見えた」と述べている。

さらに同日午後8時ごろ、空軍訓練学校の士官候補生や将校ら約2000人が、同じ付近の上空で謎の光線を目撃。それから1時間後、ある航空機のパイロットが同じ空港に着陸する際に複数の光が見えたと報告した。同地域の旅客機2機からも同じ光を目撃したという報告が寄せられている。




ここまで広範囲かつ多くの人々にUFOが目撃される事例は少ない。当時、この発光体はブラジル領空へ侵入した不明機と考えられたため、ブラジル政府や軍は事態を深刻に受け止めた。迎撃のために戦闘機がスクランブルしたが、パイロットからは物体をロックオンするのに苦労したとの証言が出てきている。

「時々、パイロットはターゲットに目視で接触したが、レーダーは何も記録しなかった。また他の時には、レーダーは物体の存在を検知したものの、パイロットが物体を見つけることができなかった。」とシルバ氏は語る。

そして出動した戦闘機の1機がターゲットに近づこうとしたとき、物体は突然音速の約15倍と推定される速度で加速して現場を離脱。パイロットも追跡を試みたものの到底追い付けるはずもなく、最終的に高度約30000フィートで物体との接触を断ったという。「このような速度を出せる飛行機はそれを知らない」と彼をはじめとするパイロットたちは証言している。

結局今日に至るまで、この日の夜に目撃された発光体に関する結論は出てきていない。公聴会で新たな証拠や見解が示されることになるのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 F-5E Brazil / Rob Schleiffert


 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る