KGBに捕まったエイリアン!?謎の宇宙人動画「スキニー・ボブ」

皆さんは「ソ連の科学者が記録したエイリアン動画」についてご存知だろうか。一部のUFO研究家からは「最もはっきりと地球外生命体の姿を捉えた動画」とされる映像、通称「スキニー・ボブ」だ。

この動画は2011年に初めて世に出たもので、「ivan0135」というユーザーが海外の掲示板サイトRedditに投稿したのが始まりとされている。”スキニー・ボブ “は、約40光年離れた惑星「ゼータ・レティクル星」から来た特使で、”エイリアンと人類双方の懸念事項 “を話し合うために送り込まれた外交団の一員だったという。彼らの宇宙船はロシア国内に着陸、KGBが尋問を行ったそうだ。

「スキニー・ボブ」の動画は1942年から1969年の間に撮影された複数の短い動画で構成されており、「エイリアンがテーブルに座た状態で、テレパシーでインタビューを受けている」動画が最もよく知られている。他にもエイリアンの全身を観察しているような動画や、ある種の液体のプールの中で眠っているエイリアンを捉えたものなどが存在している。

他にもエイリアンの宇宙船や、基地で死んだ標本を解剖する様子などもあったそうだが、現在ではそれらの動画はRedditから削除されている。

alien grey extraterrestrial zeta reticuli tape 06 – family vacation

UFO研究家のナイジェル・ワトソン氏は、動画の「スキニー・ボブ」が「ロズウェル事件で回収されたとされるグレイタイプ」、あるいは「50年代の漫画『ダン・デア』に登場するエイリアン」に似ているようだと述べている。しかし一方で、「遠い星系からの訪問者に期待されるようなエキゾチックさはない」と付け加えてもいる。実際、進化の過程は星や環境が違えば大きく違ってくるはずなので、別の星に存在する知的生命体が必ず我々人類と似通った姿になるとは考えにくい。

勿論、これだけで「スキニー・ボブ」の動画を否定する訳ではないが、現代でこの動画を本物だと信じ込む人はそういないだろう。しかし、フェイクだとしても「誰が」「何の目的で」この動画を作成し、公開したのか?という疑問が生じる。

roswell alien footage “skinny bob”

この動画を見た映像の専門家たちからは様々な見解が出て来ている。例えば短編映画「Shemira」を監督した映画製作者のアダム・ウェルズ氏は「これまでたくさんの粗悪なフェイク映像を見てきたが、『スキニー・ボブ』のクリップは十分な時間と費用を費やして作成されているように見える。眉毛の動きにアニマトロニクスのようなものが確認できる」と語っている。

また、ビデオエフェクトアーティストのランディ・シャープ氏は「もしこの動画が偽物だったとしても、高度な特撮技術や専門知識を持った人物の協力が必須だっただろう」と述べる。撮影費用も相当かかったと見られており、専門家の中には制作費について「25万ドルは下らないだろう」と概算する人もいる。




しかし、衝撃的な映像にも関わらず、「スキニー・ボブ」の動画で金を稼ごうとした人は一人もいない。90年代に話題になった「宇宙人解剖フィルム」とはまったく逆だ。新しく撮影されたSF映画のマーケティングではないかと噂されたこともあったが、動画の公開された2011年前後で動画に該当するシーンがある映像作品は世に出てきていない。

果たして、「スキニー・ボブ」の動画は何のために撮られたものなのか。真相は明らかになっていない。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ivan0135 / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る