神社に祀られている祟り神。良い神様ではない。

あまりに祟るので、その石碑の中に留まるようにしている。その石碑は60センチ位の大きさで、コケむしていて書いてある漢字も読むことができない。

投稿者が子供の頃いたずらでその石碑を倒してしまった。すると町内で誰が倒したんだって回覧板が回った。

結局、目をつけられた投稿者は「ひしめさま」に命を狙われた。代わりに祖父が命を落としてしまった。

【怪談朗読詰め合わせ250】民間信仰にまつわる六つの話②【怖い話・不思議な話】

死体を食べ散らかす妖怪「かじり」 
魔物を倒す!地域の守護神・ろじんさま
初雪の山には入るべからず、山の習慣
マタギたちに伝承される神の声・サカブ

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 mskathrynne / PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る