カンボジアで世界最大の記録を塗り替える!?巨大な淡水魚を捕獲

14日、メコン川にて巨大な淡水エイが捕獲され、世界新記録を樹立した。

カンボジア北東部ストゥンレン南部、メコン川に浮かぶコー・プレア島の漁師モウル・トゥンさんが釣り上げたもので、周囲の人々の助けをかりて捕獲に成功したという。

エイは尾から鼻までの長さはなんと約4メートル、体重は300kg(ほぼ1/3トン)。まるで巨大な灰褐色の円盤のようで、地元メディアの報道にはその光景を見ようと集まってきた地元の人たちに見られている様子が記録されている。

今回の発見は米国際開発局(USAID)の支援を受けてメコン川の生態を調査している研究チーム「ワンダーズ・オブ・ザ・メコン(Wonders of the Mekong)」が近くで調査中にされた。地元住民からの報告を受け、ネバダ大学リノ校の魚類学者のゼブ・ホーガン氏らが急行。

一時的に水から引き上げ、住民等と共にエイに水をかけながら、すばやく計測を行ったという。その後、エイは追跡用の発信器を取り付けられ、メコン川に放された。




「多くの河川や湖沼で研究してきましたが、淡水でここまで巨大な魚を目撃するのは初めてです。発見時はチーム全員が唖然としました」とホーガン氏は語っている。ちなみに、これまで発見された中で最大の淡水魚は同じくメコン川で2005年に捕獲された293キロの大ナマズだった。

メコン川は大規模なダム建設などで生態系の破壊が懸念されているが、今回の巨大エイの発見は生態系の維持にとって「希望の持てる兆候」であるという。

なお、地元ではこの巨大エイを「満月」を意味する「ボラミー」という愛称で呼んでいるそうだ。

Giant stingray is thought to be world’s largest freshwater fish l ABC News

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ABC News / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る