南極の氷の下深くで生物の群れが発見された!

先日、科学者等の研究チームが南極大陸のラーセン棚氷の地下深くに隠された生態系を発見したと発表。ここまで厚い氷の下で、これほど多くの生物が見つかるとは誰も予想しておらず、注目を集めている。

この「隠された生態系」は、氷の下約487メートルの場所に位置しており、研究者が衛星写真で棚氷に異常な溝を発見したことから発見された。さらに詳しく調査すると、この溝の下に川があることが判明。氷を掘り下げて特殊カメラを入れてみると、やがて何百もの奇妙な粒子がぼやけた形で捉えられた。

そこでレンズのピントを合わせてみた所、何百匹もの小さなエビのような生き物がレンズに群がっていることが判明したのである。ここまで厚い氷とその下に広がる水の中には生物は存在しない、と考えられていたため、生物が確認されるのは研究者たちにとっても全くの予想外だった。

海洋学者のクレイグ・スティーブンス氏は「私たちのカメラのまわりをこれらの動物たちが泳いでいるということは、明らかに重要な生態系プロセスがそこで起こっていることを意味します」と述べている。




これまでにも科学者たちは、極地の厚い氷の下に地下河川や湖のネットワークがあるのではないかと推測していた。今回の発見はこの予想を裏付けるだけでなく、氷の表面から数百メートル下にもまだまだ多様な生態系が隠れている可能性を切り開いたのだ。研究者たちは今回の調査を元に、更なる分析を行っていく予定だと述べている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/LiveScience

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る