人類は将来AIロボットが支配、エイリアンは既にそうなっている!

人類はいずれ異星人と出会う可能性があると考えられているが、その異星人はほぼ間違いなく有機的な体を「電子的存在」に置き換えているだろう、と海外の天文学者が主張している。

この興味深い主張をしているのはイギリス貴族院議員で天文学者のマーティン・リース卿。彼はチェルトナム・サイエンス・フェスティバルにて「人類は次の千年の間にほぼ間違いなく人工知能を持ったスーパーロボットに取って代わられるだろう」と主張した。


画像 ウィキペディアより引用

「数世紀後…1000年後…我々は電子生命体に取って代わられ、彼らは不死に近い存在となり、宇宙の歴史の残りの部分まで続く可能性があることは確かです」

そしてリース卿は、同じプロセスが銀河系の他の惑星でも既に起こっている可能性があると付け加えた。

「地球外生命体はてんもんがくしゃろうか?私たちが何かを発見するとしたら、それは私たちのような生身の文明ではなく、ロボットや電子的なものだろうと思います。(生命体が存在する惑星は)地球よりずっと進化の過程が遅れているか、そうでなければずっと進歩しているだろう。後者の場合、我々はずっと昔に死んだ文明が残した電子の子孫を見ることになるだろう」




同様の説を主張しているのは彼だけではない。SETIの専門家であるセス・ショスタック氏も「恒星間旅行者は生身の身体を遠く離れているはずなので、我々が最初に出会う地球外生命体は、生物ではなくAIベースのものになるだろう」という意見に同意している。ショスタック氏はデイリー・スター紙に「彼ら(異星人)が生物よりも機械である可能性が高いことを考えると、彼らが何に興味を持つかを測定するのは難しいでしょう」と語った。

いずれ人類は異星人と出会うのかもしれないが、その時彼らがどのような姿をしているのか。いずれにせよ、我々がイメージする姿とはかけ離れている可能性は高そうだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Ariel Rodriguez / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る