ロシア宇宙庁長官、UFOについて語る

ロシアの宇宙機関ロスコスモスの長官であるドミトリー・ロゴジン氏が、「地球が地球外生命体によって研究されている可能性」を含むUFO現象について自身の考えを明らかにして注目を集めている。

ロゴジン氏は先週末に行われたロシアメディアとのインタビューにて、「宇宙で知的生命体が誕生する可能性」について訊ねられた。彼は地球外知的生命体の存在については前向きに考えているようで、「知的生命体を含む、生命の出現に貢献しうる無数の要因が宇宙にはある」と主張。UFOに関しても、過去にロシア科学アカデミーが未確認飛行物体に関する目撃情報を「収集」していることを明らかにした。しかし、その結果については、かなり悲観的な評価を下している。




ロゴジン氏によると、現在までのところロシア国内の専門家は収集されたUFO情報の99.9%のケースが宇宙人ではなく、「大気やその他の物理現象」によるものであると判断しているという。

とはいえロゴジン氏は「本物の地球外生命体」が「地球を訪れたこともあったかもしれない」と考えている事を認め、「説明できないような奇妙な物体との不思議な空中遭遇を報告したロシアのパイロットと話したことがある」と説明している。アメリカを始め、世界各国でUFO情報公開の動きが高まっているが、これはロシアでも変わらないようだ。

なお、ロゴジン氏は次のような不穏な見解も示している。

「我々はバクテリアを研究することができるが、バクテリアのように我々も研究されることができてしまう」

これは地球外生命体は地球を密かに訪問し、我々を観察しているかもしれないという考えに基づくもののようだ。果たして、そのような事はあり得るのか。こればかりは、世界中の科学者や宇宙機関の人々が団結して研究しないとたどり着けない答えかもしれない。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 ウィキペディアより引用

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る