「珍しい苗字の人」「昔の時代の女子高生を目撃」

日々、ATLASラジオ普及活動に励んでいる私ですが、私からATLASラジオの話を聞いた友人が、行きつけの美容院で担当の美容師さんにATLASラジオの話をしてくれました。

すると、美容師さんが「私にも不思議な体験があるのですよ。」と友人に話してくれた、お話があります。

美容師のHさんは、休日ドライブをしていました。さびれた地域に入り、今は営業していない廃墟となったペンションを見つけました。

車で近付いてみると、ペンションの玄関に「歓迎、H様御一行様」とHさんと同じ名前で立て看板が掲げられていました。Hさんは、ゾッとしました。Hさんはとても珍しい苗字で、滅多に同じ苗字に人に出会えないからです。

Hさんは慌ててその場を後にしたそうです。




二つ目のお話は、高2の息子が最近体験した話です。

塾からの帰り道、21時過ぎに道を歩いていると、通りの向こうを女子高生が歩いているのに目が留まりました。

この辺では見かけないセーラー服。髪型、カバンも古い時代のもの。息子は瞬時に「昔の時代の人だ」と思ったそうです。

歩いている女子高生が電柱の影に差し掛かりました。電柱は細いので、すぐに女子高生の体が見え始めるはずが、電柱の影に入りながらそのまま消えてしまったそうです。

息子は帰宅するなり「昔の女子高生見たよ」と、私に教えてくれました。

【お便り】呪いを実現させる死神神社はどこにあるか、昔の時代の女子高生がいた。タイムトラベルか?ATL4th19

(アトラスラジオ・リスナー投稿 徳島の月子さん ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 廃墟 / nubobo

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る