テキサス州の動物園に出現した「ドッグマン」、後日談…

先日、アトラスではアメリカのテキサス州に建つアマリロ動物園の防犯カメラが捉えていた「ドッグマン」らしき奇妙な生物の影について紹介した。

  動物園を外から伺う狼男!?

この画像は5月21日午前1時25分にアマリロ動物園の外周フェンスに設置された野生動物の動きを記録するトレイルカメラが捉えていたもので、少し前屈みになった2足歩行する生物の姿が確かに映っている。

一見人間のようにも見えるのだが、よく見ると頭部は鼻先が長く耳が尖っており、頭部はふさふさした毛皮に覆われ、腰には尻尾も確認できるという狼男のような姿をしているのだ。

Game camera photo taken through an 8’ perimeter fence of a Texas Zoo – what is it?

この画像は当初は園の飼育員のFacebookの非公開グループに掲載されていたが、後にRwdditに投稿されて注目を集める事となった。写真を見た人達からは後ろ足で歩くコヨーテや、動物の帽子をかぶった人、チュパカブラなどの説が上がっていたが、結局不明のままであった。

アマリロ市のレクリエーション局長であるマイケル・カシュバ氏は「この人物はアマリロ動物園の外にいたことが重要です。動物園に入ろうとした形跡はありません。動物や個人に危害は加えられていません。犯罪行為や破壊行為の兆候はありませんでした」と強調。




アマリロ市側は「今のところ、この奇妙な訪問者はUAO(アマリロ未確認物体)ともいうべき存在です」とし、市民に「好奇心というより楽しみの精神」をもって、このUAOの正体についての推測を地域のコミュニケーションオフィスに提出するよう呼びかけたのだ。

果たして、この生物の正体は何なのだろうか。今も様々な説が流れているようだが、正体に迫る確実な推測は出てくるのだろうか。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 r/Cryptozoology reddit

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る