呪術師の呪いで泥棒の頭にテレビがくっついた!?

現代日本では呪術や魔法は創作の世界でしかあり得ないものだと考えられているが、広く世界に目を向けると未だに呪術等の存在が信じられている地域も少なくない。東南アジアやアフリカ諸国などがそうだ。

先日、ケニアにてテレビを盗んだ男がなんと「盗まれたテレビを頭にくっつけた状態」で犯行現場に戻ってきた、という奇妙な事件が発生した。

地元メディアの報道によると、この奇妙な事件はケニアのカカメガの町にて強盗事件が発生したことに端を発する。被害に遭った家主は盗まれたものの被害を訴えようにも、現場に犯人の証拠が残されていないように見えたため、地元の呪術医に頼んで犯人に呪術をかけてもらうことにしたのである。

呪術師が何らかの儀式を行った直後、カカメガの住民らの前にテレビを頭に載せたままの男が現れ、人々を驚かせた。男はなぜかテレビが頭にくっついてしまったと訴えているそうで、どうやら盗んだテレビを運んでいる最中に呪いを受けて頭から離れなくなってしまったのではないかと考えられている。

また、男性はテレビが盗まれた家に戻る途中、ハチの大群に襲われたとも語っているそうだ。ちなみにテレビは無事に男の頭から離れ、盗まれた家に返されたでなく、男性はせめてもの罪滅ぼしか家主のために再度テレビの設置も行ったそうだ。その後、この男は呪術医の「儀式」によって呪術から解放され、警察に保護されたとのこと。おそらく近いうちに法的な裁きを受けることになると考えられている。




数週間にわたってこの地域は不法侵入に悩まされていたため、呪術医に対して賞賛する声が上がったが、誰もが呪術が本物だったと信じているわけではないという。

懐疑的な住民の中には、「頭から離れないテレビ」は呪術医が客寄せのために手の込んだ演技を行ったのではないかという意見が出てきているが、ならば男性はどうして蜂の群れに襲われたのかが解らないという指摘もある。

呪術は成功したのか、どこまでが呪術によるものだったのか。未だに謎のままだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/Nova153

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る