インドの電気技師が恋人に会うために停電を引き起こしていた!

インドにて、ある電気技師が、恋人に会うために村の電力をカットしていたことが発覚するという椿事が起きた。

地元メディアの報道によると、今月初めにガネシュプールという町で不可解な停電が何度も発生。合計で3時間程電気が使えなくなる事態が発生した。

この停電はなぜがある村でのみ発生していたため、住民たちは何か不吉なことが起きているのではないかと疑うようになった。その一方で、あまりにも局地的なため地元の電気技師がわざと引き起こしているのではないか、という噂が広まった。




そこで村人たちは噂が本当なのかどうか確かめようと、停電を待って電気技師の同行を見張ることにした。するとなんと電気技師が停電を発生させ、その暗闇に乗じて恋人と密会していたことが判明したのである。

村人に詰め寄られた電気技師はここ数日続いている停電をわざと発生させたことを認めた。怒った住民たちは罰として彼を殴り、頭を丸めさせて村の中を歩かせた。

一方で彼が恋人のために頑張っていたのも事実であったため、彼が反省していたことから村人たちは2人の結婚を計画。2人はすぐに村人たちの主宰する式で晴れて夫婦となったのであった。まるでラブコメやギャグ漫画のような事だが、本当に起きるもののようだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Kakaket / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る